FC2ブログ
生まれ変わった、セッションルーム

こんにちは、市川です。

先日、リラにとって、とても大きな転機が訪れました。
伊藤先生のセッションルームが、移動し、新たに生まれ変わったのです。

私は、アシスタントになって今年で7年目となりますが、私がアシスタントになる以前から昨年まで、先生は、隙間なく個人セッションの予約を受けられ、クライアント一人ひとりのカルマ清算を、ガイドしてこられました。

そのため、これまでのセッションルームは、ありとあらゆるバックグラウンドをもったクライアントが、心の内を話しやすいようにと、誰もがリラックスできる、心地の良い空間として創られていました。

しかし、昨年、壮絶な浄化を経験されて以降、先生は担当されるクライアントの数を、大幅に減らされました。それは、先生ご自身が、毎日フルにクライアントのセッションを受け持つ時期は終わったと感じられたことが、一番大きな理由です。
現在では、経営者をはじめ、すでに社会的なリーダーである方や、より多くの人に影響を及ぼす立場におられる方、もしくは、本気で取組みを継続し、成長するためにたゆまぬ努力をし続けている方の個人セッションのみを、担当されています。

そこで、今回のセッションルームの移動に際して、先生は初めて、ご自分のこだわりを追及したお部屋を創られました。
先生が好まれる、クラシックテイストで統一された家具は、どれも一流の職人によって創られた、一流のもの。まるで、高級ホテルの一室のようなセッションルームが完成しました。

こちらが、そのセッションルームの写真です。

CIMG2973_20140828203610cd7.jpg
先生のプライベートルーム、という趣。美しいです。


CIMG2998.jpg
ソファも、素晴らしい座り心地です。
クライアント用のソファの後ろには、先生がヒマラヤで撮られた写真が。


CIMG2989.jpg
足元には、製作に1年以上もかかるという、ペルシャ絨毯。


CIMG2990.jpg
こちらは、先生が特にこだわられたカーテン。
布地のデザインや配色、そして全体のバランス、全てが美しいです。


さらには、そうそうお目にかかることのできない、最高品質のクリスタルたちがコンソールのうえに並べられています。
CIMG7684.jpg


CIMG7713_20140829144842327.jpg    CIMG7711.jpg


CIMG7704_20140829144838cf7.jpg
そんな最上級のクリスタルたちと並んで、そこには鳥さんたちの写真が。
どんな高級家具や高級クリスタルよりも、先生にとっては大切な存在なのです。


これまでの経験から、先生は、社会全体の中から真の霊的探求者と呼べる人を発掘しようと思ったら、おそらく千人に一人程度しかいないだろうと仰います。「成長したい」「自分を磨きたい」という意思はあっても、そこに行動が伴う人、結果を出すまで挑戦しつづけることができる人となると、ほんの一握りしか存在しないのだと。
「本気で自分の人生を向上させようと努力し続けることができる、希少な人たちに誇りを持って欲しい」。そんな先生の想いが、この特別なセッションルームには込められているのです。

リラは、常に正常な宇宙エネルギーに満ちたエネルギースポットとなっていますが、その中にあって、更に先生が、ご自身の美意識を具現化され、真の霊的探求者が最高の学びを得られるようにと、用意された部屋。
これまで以上に強い、先生のエネルギーフィールドの中で、個人セッションを受けることとなるのです。


家具や小物の一つひとつを愛でられる先生のご様子からは、先生が、それらを生み出した職人たちの想いや歴史を、とても大切にしておられることが伝わってきます。そして、なにより、クライアントへの細やかなご配慮を強く感じます。
私は、完成したこの部屋に入らせて頂いた時、あまりの美しさに、「目が幸せです」としか言葉が出なかったのですが、同時に、先生の深い想いに包まれていることを感じました。

私自身、光も闇も全部ひっくるめて、私以上に私を理解して下さり、私が本当に望む所へ辿り着けるようにと、向き合い続けて下さる先生のもとで、学び、成長してきました。このセッションルームは、その先生の在り方とお気持ちが、溢れているのです。


霊的探求者として、誰もが先生の個人セッションを、継続的に受けることが出来るわけではありません。先生の個人セッションを、継続的に受けることが叶っている人は、真の霊的探求者としての資質を備えているということです。ご自身に誇りをもって、今後も、学びを続けて頂きたいと思います。



下は、大親友の「ボルヴィックさん」と一緒に、ママの椅子に座ってみた(?)ピーちゃん。

CIMG7550_20140828203641f99.jpg
ピーちゃん 「ママと一緒に、待ってるよ」


市川 みどり



【2014/08/29 20:03】 | By 市川


荒川美由紀
こんにちは。

一般クライアントでお世話になっております、荒川です。

市川さん、記事を読まさせていただきました。

その一文一文が、胸の中に入り込んできました。

新しいセッションルームのお写真は、本当に美しく、そこに座る先生が想像出来ます。

そして、リラで学ばせていただく事がどういうことなのか、言葉の一つ一つが胸に染み入りました。

私もまた先生の個人セッションが受けられるように、日々努力していきたいと思います。

新しいセッションルームの空気を、肌で感じてみたいです。

がんばります。

記事をありがとうございました。


たかこ
市川さん

新しいセッションルームの記事、ありがとうございます。

あまりの素敵さに思わずため息が出ました。
実際に見たらどれくらいなのでしょう。
並べられたクリスタルのすごさも圧巻ですし、並べられた鳥さん達の写真の配置もすごく素敵で、見惚れてしまいます。
もちろん鳥さん達の写真も遠めで見難いですが、愛情たっぷりな写真だろうなと感じました。

入った途端私は圧倒されてしまいそうです。

先生の願いの籠ったセッションルーム、私は足の踏み入れるに足りる霊的探求者には程遠いですが、そういう自分になれるよう、日々少しでも近付けるようにしていきます。



ふじ
みどりさん

新しいセッションルームの記事をありがとうございます。

確かにこの場所に、自分は入らせて頂きました。

初めてなので、当日はちょっと緊張しました。きょろきょろしながら、立派な椅子に落ち着きなく座って、絨毯の上にカバンを直接置いていいのかな、なんて考えていたのを思い出します。

インテリアに造詣が深いとは言えない自分ですが、一流の品々が相性やバランスを吟味しつくして、完璧なセッティングが施されたお部屋の写真には、高潔なエネルギーを感じます。

リラックスできるセッションルームから、緊張感をもって訪れる場所へと変わったことの重さ。そして、その場所での第一回目のセッションを受けさせて頂いたことに、身が引き締まります。また、とても光栄にも思います。

この部屋を訪れるのに相応しくあろうとすることを、忘れないようにします。


最後に、先生の王座に降り立ったピーちゃん。
意外にも馴染んでいて、さすがです。






きみ
みどりさん

新しいセッションルームの紹介記事ありがとうございます。

新しいセッションルームでのセッションの日、扉の前で佇んでしまったのを思い出します。
バランスよく配置された逸品の品々にしばらく眺めていたい気持ちになっていました。

私は先生が選ばれる色が大好きです。
クリスタルブレスのカラーリングでもそうですが、先生の選ばれる色は心を穏やかな幸せで包んでくれるように感じるのです。

みどりさんの記事を読ませていただき、あらためて先生からセッションを受けられることのありがたさを感じています。


俊哉
みどりさん、記事ありがとうございます。

私は、先生のセッションの日がまだなので、新しいセッションルームには、まだ入らせていただいておりませんが、写真からは、その尊厳さと究極の美を感じました。
私は、とくにペルシャ絨毯に魅せられました。

私は、「真の霊的探求者と呼べる人」になりたいと心から思いますが、どこか臆する自分もいます。
しかし、諦めた時点で、心が離れ、終わるという痛い経験を最近しました。
「真の霊的探求者と呼べる人」になることは、自分には、遥か彼方のことにも思えますが、死ぬまで諦めずに、「真の霊的探求者と呼べる人」に「誇りを持って」向かいたい、記事を読んで、そう感じました。




ゆみえ
みどりさん

生まれ変わった、セッションルームの紹介をありがとうございます。

美しく、上質で、重厚感溢れる空間。
最初に写真を拝見したとき、伊藤先生のイメージそのままだと感じました。
先生のこだわりを追求されたお部屋だということ。
思わずうなずいてしまいます。

一流の家具や、最上級のクリスタルの写真に、見とれてばかりです。


いで
みどりさん 記事をありがとうございます

パブロ・カザルスの無伴奏チェロ組曲が似合う部屋だと思いました。

価値が表現されているのだと感じます。

人と人が真剣に話をすることの価値。
幾多の転生の中で伊藤先生と出会い、教わることの価値。

それらの価値を私はわかっていませんでした。
今は以前よりずっと、わかるようになりましたが、まだわかってゆく途中なのだと思います。



伊東
みどりさん

記事を読ませていただきました。伊東です。

「本気で自分の人生を向上させようと努力し続けることができる、希少な人たちに誇りを持って欲しい」という先生の想いが、今の自分にとって、何にも代えがたい言葉です。

カルマまみれで、本当に醜い姿を晒す私たちに、先生は、誰よりも本気で怒り、誰よりも、自分よりも、私たちの価値を認めてくださっている。

自分の人生なのに、どれだけ自分が本気でないのか、価値を無くしてしまっているのか。

改めて、先生がどんな思いでこのお部屋を創られたのか、そのお部屋でセッションをしていただけるに恥じない行動をしているのか、自分に突き付けたい思いに駆られました。

そして、恥じない人間で在りたい、そう強く感じたので、伝えさせてもらいたいと思いました。



あけ
一流の職人達が人生を捧げて創り上げた家具に囲まれて、先生の個人セッションを受けさせて頂くことの重みを感じています。

私は、遠隔で先生の個人セッションを受けさせて頂いておりますが、その重みを手放さず、継続的に受けさせて頂いていることに誇りを持ち、それにふさわしい自分であるよう日々精進し、霊的探求を続けて参ります。

宜しくお願いします。



やまと
「生まれ変わる」ということは
変化や進化をするという意味合いではなく
1度 死んで、生まれ変わったという意味があることを想います。

キリストの復活が浮かびます。
カルマにまみれた人間が、キリストを己のカルマによって
十字架に磔にしたにも関わらず
復活した途端に、キリストを崇め奉る様。

人格統合VOL.1のエピローグを、再度読ませて頂いております。

新しいセッションルームは、写真で伺うだけでも
その崇高さと美が伝わってきます。
先生が文字通り、全身全霊で、人格統合のご指導をくださり、カルマ清算をガイドしてくださる場所。

自分のカルマパターンを知り、自分の実態を少しずつ認識していっている過程にある今、
この新しいセッションルームに対して、
このお部屋の「美」に感嘆の声を漏らし
このお部屋で、セッションを受けさせて頂ける感謝にしか意識が向わないということは、どういうことなのか。

キリストを磔にした、杭とハンマーを手にしたまま
自分の握りしめているものを忘れて、復活したキリストに目を奪われて、崇拝しているようなものではないのかと。
そう感じずにはいられません。

文中に「先生が、ご自身の美意識を具現化され、真の霊的探求者が最高の学びを得られるようにと、用意された部屋」とあります。
セッションルームの美しさと、その崇高さに見合うだけの「覚悟」。
自分に、誇りを持てる在り方でいられるよう
自分のカルマと向き合う覚悟を、自分に問い続けながら
一歩でも進んでいくことが
新しいセッションルームを、創りあげられた先生に対する
最低限の在り方なのだと。
そう感じています。

コメントを閉じる▲
二度と戻ることのない「今」

こんにちは、市川です。
今回は、先生がリラの近所で撮られた、空の写真をご紹介します。

以前、りらぶろぐでご紹介しましたが、先生は、春の富士召喚にて様々な写真を撮られました。
「富士と太陽と桜姫」
「ただそこに在る美」
「富士山特集」

雄大な富士山や、空や草花など、先生が富士の地で収められた写真の数々は、現在、フォトギャラリーでも公開しています。
召喚の時などには、様々な写真を撮られる先生ですが、これまで、東京の風景を撮りたいと思ったことはなかったそうです。
しかし、先生は、富士召喚から戻った直後、突然、「東京の空を撮ってみたい」という衝動にかられ、リラの周辺を散策して空の写真を撮ったり、リラのお部屋から、早朝の空を撮ったりされました。

そして、その空の撮影中に湧き上がってきた言葉が、今回、記事のタイトルになっている、「東京にも空はある」という、フレーズだったそうです。


東京の空の写真を私に見せながら、先生は、
都会に住む人たちは、日常に流されがちで、宇宙や自然の存在に気付く機会があまりない。宇宙や自然からは、常に、愛や光やメッセージが贈られているのに、それに気付けないことがほとんど。在るものは、ただ在る。ずっと、常に、そこに在る。それに気付くか気付かないか、それを受け取るか受け取らないかの違いなんだよ」と、教えて下さったのです。

私自身、空や雲の写真を、撮るのも見るのも大好きなのですが、先生が撮られる空の写真には、これまでも、たびたび心を惹かれてきました。
今回もやはり、どれも目を奪われるものばかりでしたが、先生のそのお話を聞いて改めて写真を見てみると、一枚一枚から放たれるエネルギーが、よりリアルに染み込んでくるようでした。


そして、こちらが、先生が撮影された、東京の空の写真です。

DSC02656-1.jpg
こちらは、私が特に好きな一枚です。
ビルの背後から、力強く、真っ直ぐに放たれる光線に、思わず見入ってしまいます。


DSC02693-2.jpg
上は、早朝5時に、うらんちゃんのお部屋から撮られた写真。
うらんちゃんは、毎朝、こんな風景を見ているのですね。


DSC02708-1.jpg
こちらも同じく、うらんちゃんのお部屋から。
光と影のコントラストが、幻想的です。


DSC02871.jpg
そして、完璧に均整のとれた、太陽の光線。
なぜ、これほど美しい形が映し出されるのか、改めて考えると、不思議な感動を覚えます。


私は、これまで、リラで沢山の空を見てきたはずなのですが、先生が撮られた空の写真を見て、「こんなに綺麗だったのか」と、はっとしました。
自分の目で見てきた空が、ほんの一部でしかなかったということや、先生の目から見た空は、こんなに優しく、美しいのだということを強く感じました。
そして、自分自身、空や太陽の存在を忘れて、日々を過ごしていることにも気付かされました。

そんなことを思いながら、私は、この記事を書き始めたのですが、先生の写真を見ればみるほど、写真に収められたその美しい空が、もう二度と見ることのない空なのだという感覚や、今という時はもう二度とやってこないのだという感覚が、強く迫ってきたのです。
同時に、「空」という字を書くたびに、先日、りらぶろぐ「かけがえのない命」でお伝えした「空(くう)ちゃん」のことが、どうしても思い起こされました。

この記事を、自宅で書いていても、リラの事務所で書いていても、頭上には常に青い空が在り、太陽は光を注いでくれている。そして、リラのリビングでは、小さな小さな空ちゃんが息をしている。
それらを感じずには、いられませんでした。
さらに、先生から、これまで何度も言われてきた、「今、この瞬間に、何を選ぶのか」という言葉も、聞こえてくるようでした。

自分にとって大切な誰かと、一緒に過ごせることが当たり前ではないということ。
その、「今」という瞬間の大切さに、どれだけ気付いていられるかということ。
すでに、目の前に差し出されている愛を、受け取れているかということ。

そういったことを常に忘れずに、今という瞬間を生きていきたいと、改めて感じました。



今回は、東京の空の写真をご紹介しましたが、こちらはリラの空(くう)です。

CIMG9009-1.jpg

空ちゃんは、今日も一生懸命に生きています。



市川 みどり



【2014/07/02 01:37】 | By 市川


きみ
みどりさん、先生のお写真の紹介と空ちゃんの写真をありがとうございます。

先生の撮られる写真、私も大好きです。
東京の空も先生が撮られると、こんなに凛とした穏やかな表情をみせるのですね。

東京の空の太陽がこんなに美しいなんて意識したことなかったです。
そう感じると宇宙からの愛やメッセージを全く受け取ってこなかったのだと、惜しい気持ちになります。

先生が撮られた、東京の空も大好きですが、私はやっぱりリラの空(くう)ちゃんが一番好きです。




よだ
みどりさん、素敵な記事をありがとう。

先生が撮られた東京の空、私は3枚目の幻想的な写真に一番心惹かれます。
美しい。

リラの事務所から見る、朝焼けの風景が浮かんできます。徹夜した後に見る、美しい力強い太陽の輝きは、いつも違った姿でした。
リラでは、どの窓からも、いつも素晴らしい景色が見えますよね...。

最近は、リラからの帰り、ほんのり明るくなった明け方を、自転車で駆け抜けていくときの、しんとした澄んだ空気が大好きです。

先生のように、その瞬間瞬間を、大切に生きる自分でありたいって思いました。


空ちゃんは、今日も元気かな。




佐藤俊哉
市川さん、記事ありがとうございます。

私は、先生の富士召喚のときの写真が上げられていたとき、自分の状態が思わしくなく、正直よく見ていませんでした。
今回の記事を読むにあたり、富士召喚のときの写真をしっかりと見てからこの記事を読もうと思い、富士召喚のときの写真をもう一度よく見ました。
そして、今回の記事を読ませて、写真を見させていただいて、改めて先生が取られた写真、とくに太陽を撮られた写真に、そのエネルギーと神秘な部分を自分なりに感じました。

しかし、今、今度の日曜日の浄霊セミナーに向け、「東京大空襲」について少しずつですが、気持ちを向け始めているところです。
「東京」という言葉に反応して「あのときは、どんな空だったのだろう」と思っています。

今、生きていること。

そのことをしっかりと見つめ、過去、現在、未来が繋がるようにしていきたいと思いました。




たかこ
市川さん

記事ありがとうございます。
先生の撮られた写真の中で、今回は均整のとれた太陽光線の写真が好きです。

真っ直ぐに入ってくる感じが、とてもハッとさせられます。

休みの日など、空をぼんやりとみていることがあるのですが、愛やメッセージを感じてるとは言い難いです。

苦しい時だけ、メッセージが欲しいと感じてしまうことが多いのですけど、先生のお言葉から、本当は常にメッセージはあるのだと知らされて、本当に気付かずにいるのがどんなことなんだろう、って感じました。

常に感じようとし続けたいと思います。
空ちゃんの愛らしい写真を見ると、余計にそれを強く感じます。



はるか
みどりさん、ありがとうございます。

先生の撮られた写真を見せて頂いて嬉しいです。
優しくて広い空、力強くて美しい太陽。

私も見ている景色のはずなのに、どこまで感じれてるんだろうと思い直します。

空を眺めたり、近くの緑を感じて嬉しく思うことがあっても、すぐに日常に流されて、いつもそこに与えてもらっていることを忘れてしまいます。

今日は二度と戻らないということが胸に迫って、私も一生懸命生きなければ、と感じています。


よしみ
みどりさん

読んでいて、言葉の一つひとつが、静かに心に染み渡ってくるような、そんな気持ちになりました。

先生の写真からも、静かにゆっくりとした時間の流れが伝わってくるように感じます。
ビルの影と、光のコントラストがきれい。

何回か読ませてもらっているのですが、
その度に泣けてくるのは、どうしてなのか、上手く説明できずにいます。

いろんなことがある日々の中で、
何回も立ち止まって、大切なことに気づける自分になりたいです。




平田
市川さん、記事ありがとうございます

一般で学ばせて頂いてる平田です

先生のお写真と、記事と、皆さんのコメントを拝見していて、

自分が鬱っぽかった時、空を見てはどうしようもなく泣けてきていた事を思い出しました
特に、晴れた日の澄み切った空が一番悲しかったな、と

その当事何を考えていただろう、と思い出してみると、

雲があって、その向こうに宇宙が広がっていて、
太陽があって、月があって、
星は何万年も前の光が届いていて、
いつかは全て消滅するのに、
今、地球はこの奇跡的なバランスの上に命が誕生していて、
この瞬間にもどこかで命が死に絶えていて、新たに生まれていて、
なぜこんな事が起こっているのだろう
何の意味があって、今、ここに全てが存在しているのだろう
なぜ、自分はここに居るのだろう

…みたいな事をぼーっと考えていました

空って、不思議で、皆同じ空を見ていても、
その人の心の状態で全然違って見えているんだろうな

私の場合も、空の様子はいつもその時の感情とセットで覚えています

空ちゃんの事があって、ファインダーを覗く先生には空はどんな風に映っていたんだろうか、と思いました



たま
みどりさん、記事をありがとう。

先生の言葉、「在るものは、ただ在る。それを受け取るか受け取らないかの違い」と教えて頂いているのに、難しくしてしまっている自分がいます。

先生の撮られた写真をじっと見ていると、昇る太陽も、千切れた雲も、ビル群もみんな美しいのだなと気づかされます。
空ちゃんもあるがままで、愛らしい。

私も色々なことに気づき、受け取っていきたいと思いました。




麻衣
みどりさん、記事ありがとうございます。

「東京にも空はある」というフレーズと、先生の撮られた、強い光と澄み渡る空の写真に、胸の詰まったところが揺り動かされるような感覚を覚えます。

与えられているものに気付くこともできず、背を向けてクヨクヨと嘆いてばかりいるような、そんな自分の側面を感じました。
多大なものを与えられているにも関わらず、気付かないで生きている。そんなの嫌すぎる、という気持ちが出てきます。


けいこ
みどりさん

無機質なビルと、柔らかく自然な光のコントラストが神秘的です。見上げればいつもある空は、先生の目にはこんなにも美しく見えているんですね。

当たり前のようにある空の美しさを、自分があまりにも見過ごしていることにも気づかされます。

愛しい人との時間、その周りにある景色、それを当たり前のこととして日常を過ごしがちな自分ですが、もし目の前の我が子が、空ちゃんのように命宣告を受けていたら、その目に映る景色がどれほど愛おしく感じるだろうかと想像します。

感じること、見ること、全てが今しかないってこと。それを意識して、日常をもっと大切に過ごしていきたいと思いました。

記事と写真をありがとうございました。



コメントを閉じる▲
新たなるスタート

こんにちは。市川です。
4月12日。清々しい春の日差しを受けながら、リラ・アカデミーでは、カルマ清算コース<第二期>がスタートしました。
伊藤先生から、コース生全体にお話があった後、土日の二日間をかけて、今期受講者たちの自己紹介が行われました。

CIMG1173-1_2014041601090444a.jpg

私は、いつものように、撮影係として参加させていただきました。先生が今期の新メンバーたちを「新芽のよう」と表されていましたが、写真を撮っていると、そこに溢れる無限の可能性とエネルギーを感じました。


下は、真剣なまなざしで、先生の講義を聴く受講生たち。
CIMG0545_2014041601083569f.jpg

CIMG0499-1_201404160108343b0.jpg

CIMG0552_20140416010837ef9.jpg


会場は、酸欠状態でした。
CIMG1076_20140416010903aa9.jpg


一日目の夜は、毎年恒例の懇親会です。
CIMG6476_20140416010925d57.jpg
全員そろって、カンパーイ!
新生「リラ・ファミリー」の誕生です。

飲んで、食べて、お喋りして・・、ひたすら仲良くなる日!
CIMG0867_201404160108582df.jpg
とってもいい笑顔です。
写真を撮っている私も、おもわずニヤけてしまいます。

CIMG0847-1_20140416010840904.jpg
こちらの写真には、おじいさんが一人まざっているようです(右端)。
本当は、笑顔がかわいい人なのですが‥お酒のせいでしょうか。

CIMG0846_20140416010838f56.jpg
だいぶ出来上がってきた・・? 
麻衣ちゃん、目がイッちゃってます。

CIMG0893-1_20140416010900171.jpg
「フレッシュ3人姉妹」といった感じ。

CIMG6499_201404160109279cd.jpg
こちらは「熟女三人衆」? いやはやお美しい・・。

CIMG6502-1_20140416010928b1b.jpg
誠さん「がんばるぞー!」
先生「本当かよ~~?」
と、言いながらも、誠さんのことが、かわいくて仕方のない先生。

CIMG6588_201404160109492ae.jpg
写真を撮ると、いつも先生に「ヤギみたい」と言われてしまう、依田ちゃん。
やっぱり、今回もヤギみたいです。

CIMG6580_20140416010948a37.jpg
小西さん、ずっと会いたかった空ちゃんと初対面!
空ちゃん、まんまるなお目々で、小西さんと見つめ合っています。

CIMG6514_20140416010930e62.jpg
こちらは、「さんご玉」作者の、大和さん。
5年越しで念願のコース受講が叶い、満足そうな様子。
この日も、ご自身で作った、大好きな「くらげ」を身につけていました。

CIMG6525_20140416010946a5d.jpg
その大和さんが、現在作成中の「ぴぽらん玉」に加え、
新たに、「空玉」が登場しました!
かわいい空ちゃんのさんご玉を手に、弓枝ちゃん、とっても嬉しそうです!

CIMG6593_201404160109516a1.jpg
前期では、大活躍をしたかずちゃんも、そろそろ目の焦点が合わなくなってきたようです・・。

そんなこんなで、初日の懇親会はお開きとなりました。


そして、二日目には、集合写真の撮影が行われました。

こんな写真も撮れました。
CIMG0922_20140416010901d4c.jpg
先生のリクエスト、「ヤンキーポーズ」に応えたメンズチーム。
全然怖くないどころか、なぜか、かわいくなってしまうリラの男子たち。
先生が、「男子かわいい」を連呼しながら、撮られた1枚。

CIMG1314_20140416010924c53.jpg
これから1年、共に学ぶ仲間たち。


これに続き、今期コーススタート直前の「富士召喚(木花咲耶姫召喚)」に先生と共に臨んだ、新規メンバーの竹内さんと、今期リーダーのかずちゃんの記事が、続々とアップされる予定です。
そして、二年ぶりにコース生として返り咲いた、むっちゃんの記事も、そのあとに続きます。

私もアシスタントとして、精一杯、みなさんを支えられるよう頑張ります。


市川みどり




【2014/04/16 01:59】 | By 市川


はるか
みどりさん、ありがとうございます。

改めて、すごい人数ですね!
見ているだけで熱気を感じます。

数日前のことなのに、もう長い時間経ったような、昨日のことのような、不思議な感覚です。

写真を見ていて、また自分の中に二日間のことが刻まれていくのを感じます。
自分が入学してからの二年間、出会った人たち、新しく入って来た仲間、先生。

何度ぶれてもここに戻ってくるんだ、やっていくんだと、静かに燃えるような気持ちを真ん中に感じています。


ゆみえ
記事をありがとうございます。

本当に、新芽のエネルギーに溢れていますね。
懇親会の様子も、蘇ってきます。

先生のもとに集まったみんなと、これから絆を築き上げていきたい。
新入生には、一年で学んだことを、先輩として伝えながら、一緒に歩んでいきたいです。

今後の記事も楽しみにしています。


まゆ
みどりさん
入学式の模様を、ありがとうございます。

先生が仰るように、新メンバーのみんなは、本当に新芽のようにフレッシュで、とてもみずみずしく感じました。私もこのなかで、濃密な時間を過ごし、共にまみれ、学んで、切磋琢磨していきたいです。

みんなの写真、いいですね!
フレッシュ3人姉妹、熟女三人衆は素敵ですし、メンズチーム、面白い…
私は自分でも、「確かにヤギだー」って思います。





こに
記事をありがとうございます。

第1回目の授業本当に素晴らしいときでした。
コース生になって良かったとつくづく感じています。
ここに辿り着かせてくれた。あらゆる存在に深く感謝しています。
これから1年。先生に示して頂いた道を仲間とともに、たんたんとこなしていきます。



佐藤俊哉
みどりさん

記事、写真撮影ありがとうございました。
写真撮影に対する
「プロのこだわり」
感じました。

改めて、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


ふじ
みどりさん

楽しい写真と記事をありがとうございます。

去年は周りを見る余裕がありませんでしたが、やはりフレッシュですね。写真を見て当日の気持ちが甦ります。

大事な年に集まった大事なメンバー。
誰一人欠けることなく、のくだりのお話を思い返し、高揚しつつも気持ちが引き締まります。

たくさんの人の思いとともに、また新たなスタート。
自分もしっかり時間を確保して、先生のもとで学んでいきます。





敬子
みどりさん

楽しい写真と記事ありがとう。

写真を見ながら、その中に自分が居るのが嬉しい。
それにしても個性いっぱいでにぎやか♪

みどりさんの写真、あらためて素晴らしい!
あの時間がみるみる甦る。

これから一年よろしくお願いします。






恵子
みどりさん、記事ありがとうございます。

本当に濃密な2日間でした。

じっくり時間をかけた自己紹介で、みんなそれぞれの思いや背景を知り、共感したり、違いを感じたりしながら、もっと繋がっていきたい気持ちを感じていました。

写真に写る、一人一人の顔を見ながら、これから深く関わっていくことへの、高揚感と、重さを感じています。

あの時の先生のお話、表情を胸に刻んで、仲間とまみれながら、目の前のことに淡々と向き合っていこうと思っています。

リラファミリーという言葉に嬉しくなります。
フレッシュ三人姉妹の二女(?)として頑張ります。


かず
市川さん、記事をありがとうございます。

写真を見ると、改めて熱さを感じます。

今日、できることをやる。
今期生をリードしていく。前期の二の轍を踏まないように。

改めて、心に刻んでいます。

にしても、酔っ払った私、目つき悪いですね・・・


たけ
みどりさん、写真と記事をありがとうございます。

みんなの笑顔がとても素敵ですね。
「ヤンキーポーズ」のメンズチーム、おちゃめな姿に見入ってしまいました。

みんなでスタートを切った、この日の想いを、
今後も写真を見る度に、強く感じられると思います。

一つ一つを大切に、しっかりと向き合っていきたいです。





コメントを閉じる▲
10月より、更に充実した内容に

こんにちは、市川です。
5月の開催以降、諸事情により休止しておりました「2days集中ワークショップ」ですが、10月より、リニューアルして再開致します。
本日は、そのリニューアルの詳細について、お伝えします。

これまでの「2days集中ワークショップ」では、一日目の最初に、伊藤先生が参加者からの質問に答える時間が、設けられてきました。
「カルマ」「輪廻」「統合」「アセンション」等、言葉ばかりが独り歩きしているニューエイジ界の概念から、「お金の法則」「子育て」「恋愛」「セックス」といった身の回りの事まで、ありとあらゆる事がテーマとなり、多くの参加者の心をわしづかみにしてきたプログラムです。

その質問コーナーが、10月より「ライブセミナー」とタイトルを変え、ワークショップ第一日目のメインメニューとして、大幅に時間が拡大されます。

テーマは、「日本人に見られる三大カルマ」を柱に、参加者一人ひとりが用意してきた質問の中から、最もニーズの多いものを順番に取り上げ、それに対して、伊藤先生が答えていきます。
ですので、参加される方々は、ぜひ、当日までに質問をいくつか用意してきて下さい。

また、参加者それぞれのカルマパターンをテーマにした、グループワークも行われます。
お互いの日常を晒し合い、受け止め合っていく中で、思いもよらなかった自分の気持ちやカルマパターンに気付くことでしょう。

この一日目の「ライブセミナー」を経ることで、参加者の皆さんは、自然に自分の内側と繋がりながら、二日目の「人格統合」の講義やワークに臨むこととなります。

こちらが、新しくなったワークショップのメニューです。

<メニュー>

1日目 【ライブセミナー】

・日本人に見られる三大カルマ
~良い子カルマ・逃避カルマ・プライドカルマ~
・カルマが克服されるまでのプロセス
・霊的進化のプロセスに見られる落とし穴
・感情と思考と陰陽法則
・霊的探求者であるために
・ハート力とサイキック能力
・自己否定と自己嫌悪
・愛に基づいた受容と歪んだ受容

~スピリットの意思と共にあるために~
・グラウンディング / アファメーション

2日目 【人格統合】

・分裂人格の見分け方
・日常の中に見られる分裂人格
・チャイルド人格とアダルト人格
・誘導瞑想によるチャイルド人格とのコンタクト
・人格特定
・人格表の作成法



私は、リラでの写真の撮影を担当させて頂いています。そのため、講義の途中、時々カメラをもって、こっそり受講者の皆さんの所にお邪魔しています。
そこで、撮影を通じて、初めは堅かった皆さんの表情が次第にほぐれ、別人のように変わっていく様子を、よく目撃するのです。
そんな中で、私自身、初めて受講したこのワークショップで、二日間を通して、硬い殻が何枚も破れていくような経験をしたことを、今でも昨日のことのように思い出します。


たった二日間で、大きな意識変容を起こす人が後を絶たないワークショップ。
より濃密になった、リニューアル後第一回目の開催は、10月5日(土)・6日(日)です。
その次の開催は、12月7日(土)・8日(日)となります。

また、どなたでも受講が可能ですが、より深い学びを得るために、事前に、伊藤先生の著書「ネガティブを愛する生き方 ~光と闇の法則~」 「人格統合vol.1」 「人格統合vol.2」を読まれることを、おすすめ致します。


お問い合わせ、お申し込みはこちらまで。
e-mail: info@ly-ra-academy.com 
電 話: 03-5460-8820


市川 みどり


【2013/09/04 22:16】 | By 市川


ゆみえ
みどりさん

ワークショップの告知を、ありがとうございます。

1日目のライブセミナーで、すでに、自分の内側の分裂人格たちが反応し、動き始めそうですね。
先生への質問コーナーが、大幅に拡大されるとのこと。
より充実してリニューアルしたワークショップ、楽しみです。

写真撮影をしているみどりさんからは、参加者のみなさんの表情の変化を目撃できるのですね。
私も、初めてリラの門を叩いたのが、約2年前のワークショップでした。
2日目が終わって、品川駅に向かいながら、ハートが開いて、何かが魂に触れたような感覚を感じていましたよ。
私の表情も別人のように変わっていたのでしょうね。


はるか
みどりさん、お知らせありがとうございます。

10月のワークショップ、参加させて頂く予定です。
複数回受講させて頂いているのですが、毎回大きな気付きや学びがあって、みどりさんが書かれていたように、大きく意識が動くのを感じます。

新しい人たちとの出会いがあるのも楽しみです。
不思議なくらい、集まった人たちが同じテーマを持っているのを感じます。
2日間なのに、何日分だろう?というほど、とても濃密な時間です。

先生のライブセミナー、そして人格統合。
ワークショップのリニューアルのお話を聞いて、受講を一層心待ちに思います。
たくさんの学びを得られるように、準備して参加します。


ともこ
みどりさん

お知らせありがとうございます。

参加したときのことを感じながら、読ませていただきました。

本当に密度の濃かった2日間でしたが、リニューアルして、先生の質問時間が大幅に増える‥。すごいです。
先生は、いつも、思考が、パカッとするような答えを導き出してくれます。
どんな質問が出るのでしょう‥。楽しみですね。
きっと、パカッとする人が続出するだろうな、と感じています。










いでちゃん
みどりさん

ありがとうございます

自分が、インナーチャイルドのヒロ君と出会ったワークショップは、自分の人生を変えた時間でした。

改めて見ても、素晴らしい内容ですね。

今、まだ自分自身は予定できていないですが、紹介する人が出席してくれると思います。その人にとって、大きな体験になるはずです。









まりこ
みどりさん

ありがとうございます。

改めてお聞きしたいお話しばかりです。

仕事の調整をつけて、参加したい!と、思いました。


みどりさん

ワークショップのリニューアルのお知らせ、ありがとうございます。

10月のワークショップ、是非、参加させていただきたいと思っています。

三大カルマの「良い子」「逃避」「プライド」カルマを、しっかり抱えている自分としては、先生のライブセミナー、本当に楽しみにしています。

どんな質問をさせていただくか、いろいろと考えている最中です。

グループワークでも、どんな人と一緒になって、どんな話になるのか。
きっと、さまざまなシンクロに満ちた、濃い二日間になるのだろうと思っています。

初めて参加させていただいたワークショップでは、いろんな学びが詰まっていて、一日目だけでも、意識がガラッと変わったことを覚えています。

今回も、一期一会を大切にして、集まった人と共に学びたい。そう感じています。


けんけん
みどりさん お知らせありがとう。

より深く、よりリラらしくなりましたね。

母親が参加したがっていて
10月は無理っぽいんだけど
すごく興味を持っていました。

一年に一度はワークショップに出ているけど
毎年得るものも変わっています。

すごく楽しみです。



たま
みどりさん、2days集中ワークショップのお知らせありがとうございます。

始めて参加した時感じた、先生の存在感の大きさを思いだしています。
先生のライブセミナー、今からとても楽しみです。


優実
みどりちゃん

ワークショップのお話、ありがとうございます。

私も、始めてリラに行き、先生のお話を聞いたワークショップを思い出しました。
スクール、コースでも先生のお話を聞き、自分にまさに必要なことを教えていただいたり、思わぬ思い込みが崩れたり、先生の魅力的なお話に引き込まれてばかりです。


また、ご報告や、みどりちゃんの写真、楽しみにしています。



かず
市川さん、記事をありがとうございます。

初めて参加したワークショップでは、麻痺が強すぎて他の参加者の人たちとちゃんと話もできず、麻痺の自覚さえなかったところから、気がつけば人と関わることに喜びを感じられるようになっていました。

リニューアルした2days集中ワークショップ、今の自分が参加したら、どう人と関わって、何を感じるんだろう。
そう考えると、わくわくしてきます。

コメントを閉じる▲
フォトギャラリーに、写真が増えました!

こんにちは、市川です。
この5月で、リラ・アカデミーのホームページが生まれ変わってから、1年が経ちました。
隅々にまで、先生の洗練された美意識が行き渡った、現在のホームページには、先生が撮影された写真を数多く使用しています。
先生が撮られた写真の中には、候補に挙がったものの、お蔵入りとなった写真が沢山ありました。それらは、これまでにも、「クリスタル速報」や「りらぶろぐ」でご紹介してきました。今回は、お蔵入りとなった写真の中から、リラの天使たちや、キリストとマリアの写真をご紹介します。
それらの写真には、私にとって忘れがたいエピソードがあるのです。

まず、リラの天使といえば忘れてはならないのが、リラ・アカデミー設立当初から、リラで学ぶみんなを見守ってくれている「リラちゃん」。
下は、私が撮ったリラちゃんです。

CIMG2404.jpg    CIMG9770.jpg
大きな翼を広げて、フルートを吹いているリラちゃん。
リラの玄関で、いつもみんなを出迎えてくれています。

先生は、このリラちゃんをとても大切にされていて、旧ホームページでは、メインモチーフにされていました。
そして、先生が素材用にと撮影されていたリラちゃんの写真が、こちらです。

CIMG9184.jpg
圧倒的な存在感を放つ、リラちゃん。

CIMG9231.jpg
リラちゃんの、静かな呼吸を感じます。

CIMG9145.jpg
優しい笛の音が、聞こえてきそうです。

CIMG9228.jpg
柔らかい息遣いや、美しい笛の音色が聞こえてきそうなくらいの、確かな存在感に、私は、時を忘れて見入ってしまいました。

リラちゃんの身長は、約70センチ。足から翼の先までの高さは、約100センチ。しかし、先生の撮影された写真を見た時、私には、巨大な天使のように見えたのです。何度も写真を眺めた後、私は、自分の目で確かめたくなり、玄関のリラちゃんを見に行ったのですが、思わず「こんなに小さかったっけ・・!?」と驚きました。
自分の目で見たリラちゃんからは、先生の写真で見た時ほどの強い存在感を、まるで感じなかったのです。

先生は、この写真を撮られた時、リラちゃんに「リラちゃん、いいねいいね、綺麗だね~」と、語りかけながら撮影されていたのですが、ある瞬間から、リラちゃんが自ら表現をしはじめたのだそうです。
「リラちゃん、途中からノリノリだった!」と、先生は仰っていました。

カメラを構える時、先生は、対象物に語りかけ、魂を吹き込むのです。すると、ただの物質であったものに、命の息吹が芽生え、まるで生き物であるかのように躍動して、その姿が次々と写真に収められていく。

私はいつも、先生が撮られる写真を見て、「なぜこんなに的確に、被写体の最も美しいところを捉えられるのだろう、なぜこんなに躍動感のある写真が撮れるのだろう、まるで魔法のようだ」と感じていたのですが、この時、その謎が私の中で解けたのです。

先生は常々、私たちの光も闇も全てを含めて、ありのままを見て下さる。そして、例えどんなに小さくてもハートに基づく意識を見つけて、引き出して下さる。鳥さんたちに対しても、純粋な愛らしさを、最大限に引き出される。
だからこそ、先生は、撮影の時も、物である被写体に眠る輝きを引き出され、それを写真に収められるのだと感じます。


リラちゃん以外に、先生が素材用にと撮られた写真もご紹介します。
下の写真は、「アクセス」のページのためにと撮影された写真。

CIMG9371.jpg
ちび天使がベランダで、「リラはこっちだよ~、迷わないでね~」と、リラへと向かう人たちを待っているところです。

CIMG9374.jpg
こちらのちび天使は、サックスの音色を青空に響かせ、「こっちだよー」と道案内。

リラは、カルマ清算所。重い足取りでリラに向かう日、がんばった自分に自信を持ってリラに向かう日、いろんな日があると思います。しかし、どちらの天使も、リラへ向かう人たちを、そっと応援してくれている・・。そんな風に感じます。


次に、マリアと幼いキリストです。

CIMG9272.jpg
美しいマリアの表情に、見入ってしまいます。

CIMG9328_20130531174351.jpg
幼いキリストを、マリアが胸に抱いています。
キリストの小さな手と、それを優しく包み込むマリアの美しい手が、非常に印象的です。

CIMG9286.jpg
この、マリアと、幼いキリストは、実はこのような木彫りの置物なのです。
右端にちび天使が写っていますが、先生は、マリアとキリストを見上げるちび天使の姿も、撮影されています。
それが、こちらです。

CIMG9100.jpg
ちび天使、マリアとキリストを見上げながら、笛を吹いています。
無防備に、お尻をぷりっと出している姿がたまりません・・。

ちび天使のお尻の可愛さに魅せられた先生は、沢山のお尻ショットを撮られました。
その中でも、先生のお気に入りの写真が、こちらです。

CIMG9386.jpg
青空の下で、一生懸命、演奏しているちび天使の後姿です。
可愛いお尻に、思わず顔がにやけてしまいます。


いかがでしたか?
これらの素材用写真、未使用のままお蔵入りさせるのはもったいないので、フォトギャラリーにていくつか公開しています。今日、ご紹介したもの以外にも掲載していますので、ぜひご覧下さい。
今後も、フォトギャラリーでは、様々な写真をご紹介していきたいと思います。

フォトギャラリーは、こちら



市川 みどり

【2013/05/31 23:30】 | By 市川


はるか
みどりさん、ありがとうございます。

先生の写真、またたくさん見せて頂けて嬉しいです。

どの写真も、本当に天使やマリア、キリストが生きているみたい。
見入ってしまいます。
先生の魔法が掛かっていたんですね。

その秘密を教えてもらって、私たちにも向けられているものだと気付かせてもらって、ハートがぐっと動きました。

先生は、いつだってありのままを見てくださる。カルマに埋まったハートを引き出してくださる。

先生の撮った写真たちからも、頑張れって言われている感覚がしました。

フォトギャラリーも、ゆっくり見させて頂きます。


かず
市川さん、記事ありがとうございます。

先生が撮られた写真、どれも素敵ですね。
魔法のことをきいて、なるほどと納得がいきました。


カヨ
みどりさん、

記事ありがとうございます。

どの写真も見とれてしまいました。魂を感じます。
リラちゃんは、息が聞こえてきそうな感じですね。
もう一度、全部、実物をじっくり見たくなってしまいました。ちび天使のおしりも可愛くて、ホントにキュートで、にやけてしまいますね。
フォトギャラリーもじっくり見させていただきます。


まゆ
すごい…

どの写真も、本当にイキイキしていて、
見ている私の心もイキイキしてくるみたい。

私も、「魂を吹き込む」ってどういうことなんだろうって、
前からとても気になっていたこと、その謎が分かった感じがします。

ちびっこが、「まほうー」って言ってはしゃいでいます。
先生の真似をしたら、私もちっとはましなものが撮れるかな

ちび天使のおしり、ほんとたまらんですね。
フォトギャラリーのお昼寝天使もなんとも可愛くて、癒されました…


みどりさん、ご紹介ありがとう。




みどりさん

本当に、お蔵入りしてしまうには、もったいなさ過ぎる写真ばかりですね。

ありがとうございます。

先生はいつも、自分自身でも気がつかないような、自分のハートの部分を見つけて、引き出してくれる。

それが、人だけでなく、物である被写体でも同じだからこそ、こんなに生命感に溢れた写真になるのですね。

もっともっと、見たいです。


ふじしま
リラには触れるのがためらわれる高価そうなアートワークが多数ありますよね。でも、セッションやコースで伺ったときは、意外にじっくり見る時間がありません。次回、実物をよく見てみたいと思いました。

そして、久しぶりにフォトギャラリーを見直しました。
僕はヒマラヤ高原の川の写真がとくに好きです。


よしみ
みどりさん

ちび天使のおしりが、とてもかわいいですね。
最後の写真、とても清々しい空気を感じます。
玄関の天使は、リラちゃんという名前があったのですね。
前のHPでトップページを飾っていたリラちゃんは、印象的でした。

先生が撮ったマリアや天使たちの写真は、
堂々としていたり、やさしそうだったり、
本当に、動き出しそうに感じます。


ゆみえ
みどりさん、写真の紹介、ありがとうございます。

先生の撮られる写真は、本当にどれも躍動感を感じます。
今にも動き出しそう…。

特に、リラちゃんの画像を最初に見たときは、その存在感に、ぐっと引き込まれてしまいました。

そして、最後のお尻ショットが…かわいいです…。


たま
みどりさん、ありがとうございます。

私は、特にキリストとマリアの木彫りの置物が好きです。
リラに行く度、じぃーと見つめています。

何で、天使たちは、楽器を奏でるんだろう、と写真を見ながら思いました。
音楽は、魂を揺さぶるから?

天使の奏でる甘美なメロディーが聴こえるようになりたいです。




ともこ
みどりさん

記事ありがとうございます。

本当にどの写真も、輝いているよう‥

先生は、被写体の輝きを引き出す。
すべてが霊的探求なのだな、と思いました。

ちび天使のおしりが、プリっと、かわいすぎです。


コメントを閉じる▲
さようなら、2012年

こんにちは、市川です。
今年も、もう終わってしまいますね。
この1年も、皆さん、それぞれに様々なことがあったと思います。
2012年は、アセンション、ピークの年。リラでは12月に、7・8期生が、アマテラスによる伊勢召喚で、成功をおさめました。先生のもとで共に学ぶ皆が、本音でぶつかり合い、支え合い、協力し合うことで、大きなハートを育ててきたからこそでした。
今日は、そんな7・8期生が中心となって、先生と一緒に過ごした、忘年会の模様をお伝えします。

毎年恒例リラの忘年会は、皆で協力して、お料理の準備をすることから始まります。

CIMG1755.jpg
今回の忘年会、総監督の「おまめ隊長」こと、ちあきさん。

CIMG1761.jpg
おまめ隊長の指示のもと、動く3人。

CIMG1784.jpg
ハイ、チーズ!

CIMG1791-1.jpg    CIMG1793-1.jpg
豪華な手料理が、テーブルに所狭しと並びました

CIMG1803_20121230155533.jpg
「俺が作った、チャーハン!」
どや顔の、あゆたん。
お家で、大量のチャーハンを作って、持って来てくれました。
ちなみに、先生のご感想は、「普通だね
あゆたんにとっては、最高の褒め言葉だったようです。大喜びでした。

CIMG1824.jpg
先生 「どれどれ…。うん、美味しい」
いつものように、味見という名のつまみぐいをする先生。

CIMG1905-1.jpg
準備も整い、みんなで「カンパーイ!!

CIMG1898-1.jpg
舞子ちゃんの愛娘、りんちゃんも、先生とカンパーイ!

CIMG2000-1.jpg
みんなでテーブルを囲んで、美味しい料理に舌鼓。
今年は、地方在住のスクール生が多く、少人数でのアットホームな雰囲気となりました。

CIMG5842.jpg    CIMG6070.jpg

CIMG1998.jpg    CIMG1929-1.jpg

CIMG1925.jpg    CIMG1943-1.jpg


CIMG5828.jpg
写真左は、「マユ」こと依田ちゃん。
手に持っているのは、依田ちゃんが皆にと買ってきた、『まゆ最中』という名前のモナカ。
お菓子の名前も知らず、ただ「美味しそうだな」と思い買ってきたそうです。
プチミラクルです。

CIMG1963-1.jpg
おまめ隊長、お酒をのんで早々にバタンキュー。
先生と皆に美味しいものを食べさせたい一心で、何日も前から準備し、メニューの考案から当日のしきりに至るまで頑張りました。ローストビーフやサーモンのパテなど、美味しいお料理を、お家でも作って、持って来てくれたのです。
お疲れ様でした!

CIMG1913-2.jpg
ママと一緒に参加した、うらんちゃん。
クチバシに、可愛い「プリンちゃん」のシールを貼ってもらい、おめかししています

実は、キス魔のうらんちゃん。
あまりにもキスが好きすぎて、先生の口に、顔が半分以上入ってしまうことがあるほどなのです。
(※口腔感染の恐れがあるため、専門家は皆、動物との口同士での接触はすすめていません)
この時も、うらんちゃんと、先生たちの素敵な写真を撮ろうとしたところ…。

CIMG1970-1.jpg
うらんちゃん 「ママー。うらんとチュッチュしようよ~」
先生 「うらん、写真撮るよ! ほら、カメラはあっちだよ!
うらんちゃんに襲われて、先生はカメラを見ることができません…!

CIMG1977-1.jpg
先生 「○×#@…!」
なんとか、カメラを見ることが出来た先生。
しかし、うらんちゃんは諦めません。これでは、まるでリンチです…!

CIMG1986.jpg
ようやく、写真が撮れました!
うらんちゃん、協力ありがとう。

こちらは、先日「クリスタル速報」で、M字ハゲを公開された、あゆたん。
もはや、おでことなってしまった頭皮を活性化させるために、トントンと刺激してもらっています。

CIMG5880_20121230155858.jpg
美緒ちゃん 「もう、毛穴が無い…」
先生 「時代は、終わったんだ。諦めろ…」

しかし、リラにはもう一人M字がいたことが、今回、発覚したのです。
予備校生の「フルーティ」こと、古木さんです。
しかも、あゆたんより更に鋭角の「M」を描いていました。

CIMG5832.jpg    CIMG5833.jpg
リラの「M字ツインズ」が、誕生しました!

このように、皆でわきあいあいと楽しく過ごしていると、「先生とカルタがしたい」というりんちゃんがやってきて、先生・りんちゃん・あゆたんによるカルタ大会が始まりました。

CIMG5962-1.jpg
現在、カルタがマイブームなりんちゃん。
普段は、凄いスピードで札をとっていくそうです。

CIMG6034-1.jpg
しかし、子どもが相手でも容赦しない大人、その名はあゆたん。

CIMG5944-1.jpg
何事にも手を抜かない先生も、本気です。
ワイン片手に、札をゲット。

その後もあゆたんが、本気で札を取り続け、負けず嫌いなりんちゃんはションボリ。

CIMG5977-1.jpg
そんなりんちゃんに、大人気ないあゆたんが、「おじちゃん、手は抜かないからね…」などとささやくものだから…

CIMG5979-1.jpg
りんちゃん、号泣
周りからは、笑いとともに、「こういう、うざいおじさん、親戚にいたいた」「親戚で集まると、かならず一人はいたよね」という声が。

そこで、見かねた先生が、りんちゃんに伝授した秘策は…

CIMG6049-1.jpg
読み上げられる前に、札を手と足で、押さえておくという奥の手。
無敵です…!

CIMG6061-1.jpg
最終的には、笑顔で勝利したりんちゃんでした。

そして、宴もたけなわの中、先生と仲間たちと記念撮影

CIMG6119-1.jpg

この後も、先生と皆は、深夜まで様々なことを語り合ったのでした。

1年を締めくくる、恒例の忘年会。
伊勢召喚成功の原動力となった、みんなの人を求め合う気持ちが、この日も表れていました。先生を中心に、一つの輪となり、心が繋がった本物の家族のような、とても温かい時間を共有し合いました。

みなさん、今年もありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。
それでは、良いお年を。

CIMG5925-1.jpg
こちらは、お正月用の素敵なお花。今回、参加できなかったスクール生のたまちゃんから、先生へのプレゼントです。


市川 みどり


※リラ・アカデミーは、12月30日から1月4日まで、お休みとなります。





【2012/12/30 17:06】 | By 市川


ひさえ
みどりさん。

忘年会の様子を教えて頂いて、ありがとうございます。
おいしそうな料理とみんなの笑顔が眩しいです。たくさんの写真で、こんなに早く見せて貰える事が、とてもうれしいです。よくわからないのですが、泣けてしかたありません。

今年は、本当にお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。




ちあき
みどりさん、本当にありがとうございます。

私は、ちょっとダウン気味だったけど、
先生とみんなと、過ごせる時間はやっぱり尊い。

先生、ありがとうございます。
みんさん、ありがとう。

来年も、よろしくよろしくお願いします。



たま
みどりさん、ありがとうございます。

ひさえと同じ。泣ける・・・。
行けなくて寂しかったっ!!!

だけど、みんなの楽しそうな、嬉しそうな笑顔を見れて、私もとても嬉しい。

花の写真まで入れてくださって。
本当に、何と言っていいか分らない。

先生、みなさん、今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。



よしみ
みどりさん

皆、忘年会楽しんでたんだろうなぁーって、考えていたら、
忘年会速報が上がっていてビックリしました。
写真がいっぱいあって、当日の皆の様子が感じられて嬉しかったです。

おまめ隊長、料理作るのがんばって、早々に酔って寝てたのが可愛かった。


本当に今年はいろんなことがあって、
笑ったり泣いたり怒ったりしている中で、
先生、皆がいるリラが、私の中で、どんどん大切な場所になっていってます。

来年からも、よろしくお願いします。




けんけん
みんなの笑顔見れてよかった。
みどりさんありがとう。

ペンギンのクッキーはどうだったか
また聞かせてくださいね。


麻生泰AGAのコメント
麻生泰AGA
はじめまして。麻生泰AGAです。
心と身体のケアは重要ですからね!


ともこ
みどりさん、記事ありがとうございます。

料理、おいしそう。。。

ちあきを始め、準備隊のみんな、頑張ったんだね。
みんな、生き生きしてる。

楽しそう。いいなあ。行きたかったなー。

先生とみんなの笑顔がたくさん見れて、ほっこりして気持ちが落ち着きました。

あゆたん、大人げないけど、かわいい。



はるか
みどりさん、シェアありがとうございます。

記事を読む度に、あのときのあったかい気持ちになります。
先生がおっしゃっていたように、親戚の集まりみたいで、伊勢で感じたあったかさが続いてる感じだった。

かけがえない時間を過ごせて、先生とみんなに改めて有り難いと思っています。

けんけん、ペンギンクッキーありがとう!不思議な模様と味わいだったよ。


マユ
みどりさん、楽しくて何度も読んじゃってます。
記事ありがとう。

本当に、家族の集まりのように感じられて、あったかいひと時でした。
私、こんなにリラックスしてるんだ・・・って自分に驚いていたくらいに。
こられなかったみんなにも会いたかったよ。

先生や、みんなが大切だーって。
本当にかけがえないんだなって。
ほんと、たくさん笑った。

なんと、今回も先生が、この一年よくやったねって頭をなでなでしてくださって!うれしかったし胸がいっぱいでした。
今年も、がんばります。


けんけん

クッキーはあとね、ペンギンが不思議な青色だったよ。




本山
みどりちゃん

記事をありがとうございます。
何度読んでも、思わず笑顔になってしまいます。

お陰様で、とても和やかで楽しい時間をすごさせてもらいました。

先生、本当にありがとうございました。

今年も頑張ります。
よろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
ここだけの「オマケ編」

前回のりらぶろぐ、「先生と鳥さんたち」で、ホームページの先生のプロフィール写真のお話と、新しくフォトギャラリーに加わった写真をご紹介しました。
皆さん、先生と鳥さんたちの素敵な写真の数々、すでにご覧になられたでしょうか。

今日は、その「オマケ編」です。

前回ご紹介したように、フォトギャラリーに新たに加わった写真は、ホームページのプロフィール用の写真を撮影した際のものです。
この撮影の合間に、先生は、鳥さんたちと一緒に休憩もされていました。
下は、先生とピーちゃんの休憩時間の様子です。

20120315-3-1-3-1.jpg

先生は、撮ったばかりの写真の画像を、一眼レフのモニターに写し、ピーちゃんに見せながら、「ほら、ママとピーちゃんが写ってるよ!」と、話しかけておられました。

しかしピーちゃんは、頑なにモニターを見ようとしません。
実はピーちゃんは、とってもヤキモチ焼きなのです。

これまでも、大好きなママが、ピーちゃんの写真を見て「可愛い!」と言っても、ピーちゃんにしてみれば、ママがピーちゃんじゃないものを見て、「可愛い可愛い」と言っているように見える。それで、「ママが、ピーちゃんのこと見てくれない!」と、ぷぅーっと拗ねてしまっていたのです。

この時も、ピーちゃんは「ママは、ピーちゃんよりも、黒い箱に夢中なんだ…」とでも思っていたのか、ママが一生懸命話しかけているのに、そっぽを向いていました。
私は、その様子を、微笑ましく眺めていたのですが、次の瞬間、思わず携帯電話のカメラを構え、素早くシャッターを押して先生の姿を撮ったのです。

そのわけは、次の写真を見て頂ければ分かると思います。
実は、先生はこの時…

20120315-1.jpg

このような姿だったのです…!

「先生、足が三角です…」と、言いたいのをなんとか我慢して、私はこっそり携帯カメラで激写しました

ついさっきまで、素敵な紺色のドレスに身を包み、優雅に微笑んでおられた先生が、足を三角にして、まるで子どものような無邪気さで、ピーちゃんに一生懸命お話をしていたのです。
先生はこの時、ピーちゃんに話しかけることに夢中で、私がこの写真を撮っていることに気付かれなかったようです。撮影後これをお見せした時、ご自分でも爆笑されていました

この日は、先生の美しい姿はもちろんのこと、チャーミングな先生、優しいママの顔の先生、そして無防備な子どものようなお顔をした先生…と、実に様々な、先生の素敵な写真が撮れました。
しかしそれは、普段から先生が、鳥さんたちにも私たちにも、ご自身のありのままを見せて下さるからこそ。私は、その在り方こそが素敵なのだと感じました。
ちなみに、このオマケ記事も、「この写真、面白いから、ブログに載せて皆に見せよう」という先生の一言から出来ました

また、先生のこの非常に珍しい写真は、フォトギャラリーには掲載されません。
ここだけの、とっておきのオマケです。


市川 みどり


【2012/10/07 20:41】 | By 市川


舞子
みどりさん

先生の秘蔵写真の紹介、ありがとうございます。
私も、先生とお話ししている時、この三角形の足を、よくお見かけします(笑)

色々な先生の姿、どれも素敵ですし、そしてなにより、この写真を先生自ら見せて下さることに感激です。






本山
みどりちゃん

記事をありがとう。
先生の脚が三角の秘蔵写真、面白過ぎです。

前回のエレガントな先生の写真から、一気にこの姿に。。。その時その時のありのままな表現の自由自在さを、先生はいつも私たちに全身で示してくださいますね。


かのう
みどりさん

とっておきの先生の楽しい写真
ありがとうございます。

ピーちゃんの拗ねてる様子かわいいですね。
先生の平泳ぎをしているような姿…面白すぎです。

ありのままであることの素晴らしさを
身をもって常に表現されている先生
本当にすごいです…。


マロ
みどりさん

秘蔵写真の紹介を、ありがとうございます。

フォトギャラリーのとてもノーブルな先生の写真を見た後の、この写真のコントラストに、思わず笑ってしまいました。

それにしても、きれいな二等辺三角形ですね・・。

そして、ピーちゃんの目を閉じて「ぷー」っとしている様子が、また可愛すぎです。

エレガントな写真も、こういう寛がれていておちゃめな写真も、どれも先生の自然な姿で素敵だな感じます。

そしてそのシャッターチャンスを逃さないみどりさんにも、レンズを通しての温かい目も感じます。
やっぱり写真って、愛情なんだな、って改めて感じました。





たま
みどりさん、超秘蔵写真のご紹介ありがとうございます。

先生は、いつでも自然体なのですね。
ご自分の無邪気さや、ユーモラスさを楽しんで、面白がる。

これって、私には、とても大事なことのように思えます。だけど、とても難しいことだと思っています。


みどりさん

とっておきの写真、ありがとうございました。

しっかりと「△」になってますね‥
そういえば、舞ちゃんと同じく、たまに、先生のこの姿を目撃します。

そして、ピーちゃんの拗ねが、何とも言えません。

犬派の自分ですが、このピーちゃんのそっぽ向きは、本当に可愛い。


美雪
みどりさん

超秘蔵写真、有難うございました。

先生の三角の足の中に、手を入れたくなります(笑)人の自然なありのままの姿って、本当に美しくて魅力的なんだなって、先生を見ていると常々思います。



inoue
みどりさん

先生の超秘蔵写真ありがとうございます。

ひとつ前の記事のエレガントな姿とは打って変わって
お茶目な姿の先生

先生っていつも自然体なんだなって

私も拗ねてるピーちゃん、好きです。


はるか
みどりさん、とっておきをありがとうございます。

先生の三角も、ピーちゃんの拗ねたとこも、「ありのまま」だなって感じます。
どの瞬間も先生だし、ピーちゃんだな。ありのままだから惹かれるんだなって。

この前、先生がお休みでカジュアルな格好でいらっしゃる時にお会いして、
その時にも「先生は私達にいつもありのままで接してくださってるんだな。そうだ、いつも先生のお宅に通わせてもらってるんだよな」って嬉しく感じたのと通じました。

また、秘蔵写真が撮れたらぜひ見せてください!


マユ
みどりさん、秘蔵写真、ありがとうございます。

私もはじめ、こんな先生をみかけたことあるなー、
先生、自然体だなーって思って写真を見てました。
そしたら、じわじわと写真の先生の靴下具合がツボに(笑)
ほんとに先生お茶目。

すかさずシャッターを押したみどりさんは、さすがですね!

1枚目の写真も、ピーチャンに話かける先生、
そっぽを向くピーちゃんの絵がありありと伝わってきて、楽しい。
そしてあったかいです。






コメントを閉じる▲