FC2ブログ
思ったこと、伝えよう!

みなさん、こんにちは。7期生のわかです。3月になり、ベーシックが修了しました。

この一年の間に、スクールでは本当に色々なことがありました。

つんのめりながらも、仲間と真剣に関わったからこそ、自分をより深く知ることができたり、一人では到底頑張れなかったことにも取り組めました。
その中で、自分の取り組みの成果を感じた出来事があったので、それをお伝えしたいと思います。

去年の12月、伊勢合宿を前にして、みんなに追いつこうと必死だった私は、夫に相談することも忘れて、一人で悩んでいました。

毎日苦しそうにしている私に対して、夫はよく「まず生活態度や姿勢を変えて、気持ちを切り替えてみたら」と言ってくれていました。
ただ、その言い方が非常に上から目線だったため、私は素直にそのアドバイスを聞くことができませんでした。
それどころか逆に、上から目線で言われていることに対する不満や、その気持ちを抑圧し続けたことで、どんどん夫への怒りが膨らんでいきました。

ある日、それがついに爆発して、私は夫にわめき散らしてしまったのです。小学三年生の息子の前でしたが、気にしているどころではありませんでした。

スクール生は、取り組みのひとつとして個人ブログを書いているのですが、その時の様子を書いたブログがこれです。


夫に、思いっきり八つ当たりしてしまった。
自分が悪いのに、どうしても夫にも非があるだろうと思ってしまった。

いや、自分が悪いって、どうしても思えなかった。
これが被害者意識かとも思ったし、息子も見ていたけど、我慢できなかった。

わめいて叫んで、物を投げた。

「下(義父母の住んでいる階)に響くだろ」
って言われて、
「私より下の方が気になるんだよね。私が黙ってあなたの言う通りに従っていれば、気が済むんだよね。
どうせ私は、バカだから。どんなに頑張ったって、何にも変わらないんだよ!!!!」
って叫んだ。

息子は、必死に私をつかんで、
「ママ落ち着いて。パパはママに、言う通りにしろなんて言ってないよ」
と、背中をさすってくれた。

そのあと、息子とベッドで話をした。
「ママは、言いたいことを言わないで溜めるから、爆発しちゃうんだよね。
そうしたらママは人の話がわからなくなるから、いやだなって思ったときは、すぐに言うようにすれば、いいんじゃない?」
って言われた。

息子は時々、こういうことを言うようになった。

「どうして、そう考えるようになったの?」
と尋ねたら、
「ママが、リラに行くようになったからだよ」
って言っていた。


このブログを書いた後、先生とのセッションがありました。そこで、私自身が抱える問題の根本が、自分が本当に思ったことを抑圧して、相手が気に入るであろう答えを探すという、非常に不誠実な在り方にあることがはっきりしたのです。

その根本を解決するために、先生から「夫に何でも言うワーク」を提案して頂きました。
その内容は、
「上から目線な言葉にムカついたら、それをそのまま伝える」
「とにかく思ったことは、良いことも悪いことも全て夫に言う」
というものでした。

このワークを実践してきて感じるのは、

「私が育った家庭では、こんな本音のぶつかりあいは一切無かった。だから、小さい頃からずっと、家族といても空しかった。
家族で喧嘩したり本音で話し合うことは、テレビのホームドラマだけだと思っていた。

スクールで学んだおかげで、私は『本物の家族』を作る一歩を踏み出せたんだ。
苦しかったけど、リタイアしないで何とか踏みとどまった。私、弱いなりに頑張った」

という思いです。

そして私は、リラで先生や仲間から学んでいることが、自然と家族に伝わっていることが嬉しい。リラの交流会に一緒に参加したり、取り組みの話を家でしていたからこそ、息子の口から、あのような言葉が出てきたのだと思います。
子供って、知らないうちに、親のやっていることを学んでいくのだなと感じています。 

先生に教えて頂いたこのワークは、現在も継続中です。夫婦でやりとりをする中で、お互いに課題を抱えつつも、夫との関係は、かなり良い方向に向かっています。

私の7期ベーシックは修了しましたが、カルマ清算の道のりは、始まったばかり。
これからも、夫と息子に本音でぶつかって、本物の家族を作っていきます。


山本 和加

【2012/03/29 23:18】 | スクール7期生


かわしま
わかちゃん、記事ありがとう。

そらくんの成長を感じる言葉、私もじんときたよ。
それも、わかちゃんが、苦しくてもあきらめずに頑張る姿を見せてきたからじゃないかな。

実際、伊勢の前まで、本当につらかった思う。
それでも頑張った自分自身のこと、誇りに思ってね。

4月からは道は違えど、カルマ清算がこれからなのは、お互い様。
頑張っていこうね。



かのう
わかちゃん 記事ありがとう。

この1年間、特に伊勢前は本当に辛かった中
踏ん張ってよく持ちこたえたわかちゃん
本当に、すごいと思う。

記事を読んであらためて
またわかちゃんのすごさを感じた。

そらくん、お父さんとお母さん以上に
2人のことを見ていて知ってるんだな
と思った。本当に子供って偉大だ…。

本物の家族…みんな目指している中で
わかちゃん家族の取り組みは本当に
励みになる。本当にありがとう。


美雪
わかちゃん

記事ありがとう。

わかちゃんが、ずっと重いところにい続けていたこと、
底力を感じていたよ。凄いなって。

私も旦那や家族に、一心不乱に想いを伝えてきた。
家族の取り組みって、自分の根底にあるんだと今本当に実感しているし、その場限りで終わらせるんでなく、これからずっと続けていくものなんだよね。

これからも一緒に頑張っていこう。

空くんの言葉、じんときたよ・・・


城戸
わかさん

記事ありがとう。

読んでいて、心が痛かった。
本物の家族を作る、やっているようで上っ面だったなと思った。実家もそうだった。

そら君の言葉が胸に響いたよ。

そして、わかさんの温かさや底力をいつも感じている。

これからも一緒にやっていきたい。

逃げずに向き合うよ。

ありがとう。



よだ
わかちゃん、記事をありがとう。

この一年間、わかちゃんの姿を見てきて、先生もおっしゃってたけれど、わかちゃんの根性、凄いって思ったよ。
軸を保つために試行錯誤していたわかちゃんの姿や、お母さんのような優しさで接してくれるわかちゃんの姿がすぐに思い浮かんできます。

わかちゃんが旦那さんと、空良くんと、本気で向き合ってきたことが伝わってきて、本当に一年の成果なんだなって感じて、なんだか感慨深い気持ちになった。
私も家族の取り組み、もっと頑張りたいって思う。

わかちゃんの学びが空良くんにもしっかり浸透していってるんだって思って、私も、こういうこと、親に教えて欲しかったなって。

これからも大切なこと、沢山伝えてあげて欲しいし、ぶつかりあったり、心のやり取り沢山して欲しいって思いました。また、色んな話聞かせてね。





わかちゃん

記事ありがとう

最初に、わかちゃんのブログで、そらくんの言葉を聞いた時、すごいぐっときた。

「自分なんて」って言う事の多いわかちゃんだけど、しっかり、そらくんには伝わってるよ。

自信を持って、カルマ清算してるんだって、胸を張って欲しい。




わかちゃん

記事ありがとう。

そらくんの言葉、胸に響く。

わかちゃん、頑張ったよね。こうやって、ちゃんと結果に繋がってくんだよね。

これからも、一緒に頑張って行きたい。行こうね。


いながき
わかちゃん

記事、ありがとう。

「夫に何でも言うワーク」、夫婦関係ではとても大切だよね。
うちは、妻に「夫に何でも言うワーク」をやってもらってます。
以前は、上からモノ申していたので・・・。
何でも言える、本音でぶつかれる、そんな家族を目指してます!

そして、わかちゃん、1年間重いところに居続けた根性、すごいね。
だから、成果が出たんだなって思うし、見習っていくよ。


コメントを閉じる▲