FC2ブログ
8期ベーシック、スタートしました!

こんにちは。8期生の木村美緒です。

先日、8期ベーシックがいよいよスタートしました。スクール中はとても良い天気に恵まれ、宇宙からも応援されているように感じる2日間でした!
今回は、第1回目のスクールの報告をしたいと思います。

ベーシック最初の授業では、メンバー一人一人が自己紹介を通して、今までの人生や、スクールに入ろうと思ったきっかけを、先生や皆の前で話します。先生は、一人一人に対して、その時々に必要な解説や講義を入れてくださるので、沢山の学びに溢れた自己紹介の時間となります。

8期生の中には、私も含めてベーシック再受講生がいたり、8期予備校出身者、そして何年も前からセッションに通っていた人がいたりと、多彩な顔ぶれが揃いました。
その多くのメンバーが、昨年12月の伊勢召喚の時に、8期候補生として顔を合わせており、スクール開始前にそれぞれの個人ブログでコメントを書き合うなど、すでに互いに交流があるのも8期の特徴です。

そして、個人ブログのやり取りの中で、それぞれのカルマパターンが明らかになり、その時点で自分の闇を見つめることに耐えられなくなり、8期スクールを目前に、スクールを諦めた人達もいました。
それでも諦めず、スクールを目指して取り組みを続けたメンバーが、この度、8期スクール生として集うことができたのです。

先生は、集まった皆の顔を見るなり、「よくここまで辿り着きましたね」と仰いました。
私は、先生の言葉を聞いて、胸が熱くなりました。

CIMG0600.jpg

以前の記事(自分さえよければいいのか・・by木村)でも触れたのですが、私はスクール6期生として2年間学び、その中で6期の解散、崩壊を経験しました。
2年間、自分の課題やチームの課題が数多く浮上した中、もがき苦しみながらも諦めず向き合ってきたからこそ立てたスタートライン。「我ながら、よく頑張った。本当に嬉しい!」と思った瞬間でした。
他の8期生も、それぞれ課題は違えど、同じ気持ちだったのではないかと思います。


2日間続いた自己紹介の中から、とても印象に残ったスクール生をご紹介したいと思います。
私と同じ、元6期生であるケンケンです。ケンケンは、スクール2年目の途中から6期の解散に伴い、7期ベーシックに合流しました。
今年の4月から学ぶ8期で、ベーシックの受講は3度目となります!

CIMG0191.jpg

ケンケンは、重度の統合失調症を患っています。長年自宅で療養している中、人とコミュニケーションをとることが極端に少なかったため、6期の最初の頃は、コミュニティブログで一人浮いたコメントをしては、それを指摘されて自己卑下に陥ることを繰り返していました。

そんな6期の最初の頃と比べると、現在のケンケンは全くの別人のようです。8期のコミュニティブログを立ち上げたり、まだリラに来て日の浅い8期生に向けて、スクール生としての意識の在り方を記事にして発信したりと、チームの皆を大いにリードしてくれています。

ハードな一面のあるリラのスクールですが、ケンケンのように諦めずに努力し続けていれば、必ず目に見える結果が出る。リラ・アカデミーのスクールはそういう場所なのです。

さらに8期生には、ケンケンの他にも様々な人がいます。

あるスクール生は、何十年も母親と縁を切ったままでした。そんな彼女は、結婚し、子供にも恵まれていたのですが、常に物悲しさに苛まれていたそうです。彼女はその物悲しさの原因を追求すべく、キネシオロジーというセラピースクールに1年通ったのですが、それでも、「私は愛を求めているのに、愛がまだ足りない状態だから、どこか寂しいのだ」という、漠然とした事しか分からなかったそうです。

その話を聞いた先生は、「なぜ物悲しいのか、どうして愛を求めているのかを追求すると、結局は、『縁を切った母親からの愛情を求めているんだ』というところに行きつくはず。今は完全に母親に心を閉ざしてしまっているけれど、本物の愛を手に入れて満たされたいのなら、母親と対峙する必要があるんだよ」と仰いました。
「結局、核心に触れようとすると、自分の一番痛い部分に触れなければいけない」とも。

その後の自己紹介から派生した先生の講義で、「死に向かう覚悟」の話になったり、他にも何かと「覚悟」がキーワードになることが多くありました。
そして先生は、「8期のキーワードは『覚悟』だね」と仰いました。

それを聞いて私は思いました。
今回の自己紹介は私にとって、「8期ベーシックで、どこまで自分の核心に迫る覚悟があるか」「どれくらい、真のチームをつくる為の覚悟があるか」を問われるテストだったのではないか、と。
しかし私は、今回の自己紹介で失態をしてしまいました。自分の自己紹介で、2年間リラで学んだ事や、自分の変化、そして失敗してしまった事などに触れようとせず、簡単に済ませようとしていたのです。

先生はこう仰いました。
「『覚悟』や『ポリシー』がないから、カルマを受け入れられないのだ。確かな覚悟があれば、自分の闇から逃げようとも思わないし、自分のポリシーにそぐわない事であれば、即刻、自分の在り方を改めようとするだろう」と。

自己紹介で、私が失態してしまった理由の1つには、2年間先に学んだ者として、自分のしてしまった失敗や、自分にとって不都合な事を、8期生に対して隠したいという意識がありました。先生のお話を聞いて、結局は、確かな覚悟がないから、この期に及んで不出来な自分を隠そうとする保身のパターンに負けてしまったのではないかと思ったのです。

「真のチームをつくっていく」には、お互いのカルマパターンを知り、受け入れ、教育しあう事が必要です。しかし、私が自分の失敗を隠そうとしたことは、真のチームをつくることとは真逆のことだったのです。

6期の時も、「自分の欠点を指摘されたくない」という気持ちから保身を繰り返した結果、私はチームの崩壊に加担しました。また同じような失敗を繰り返すのかと自分がほとほと嫌になりますが、だからこそ、これからの2年間、「保身は絶対にしない!」と強い意志を持ち続けていくことを決意しました。
自分のカルマパターンを克服するために、8期コミュニティブログやスクールで、常に「保身打破!」を頭において、表現し続けていきます。そして、失敗をしても、必ずそこから学び、チームメイトに全てを晒しチームに貢献していきたいと思います。

今後も、8期生の様子もお届けしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

CIMG0290.jpg

CIMG6482.jpg
先生はどこでしょう!?                    

木村 美緒

【2012/05/27 22:25】 | 未分類


inoue
美緒さん

スクール報告ありがとう。

8期のみなさん

入学おめでとうございます。
これから一緒に学んでいけること、楽しみにしています。

8期は『覚悟』なんだね。
昨年は、私も覚悟ってことを問われた1年だったって思う。

8期生ってスクール経験者とかいろんな人が混じっていて
これからを想像すると、ワクワクします。

リラっことして一緒に上昇気流をつくっていきたいですね。


いずみ
8期スタートの記事ありがとう!

ミオちゃんの2年間のリラでの学びが凝縮されていて、8期への強い想いが伝わってきました。

細く長く取り組み8期生になれた私は、スクールの初日にまさに「辿りついた」という感覚や、人生の大きなチャンスを手に出来た喜びを思い出しました。
始まってまだ1ヶ月なのに、今までとは日々の濃度が全然違うことに驚いています。
これからきっと色々あるけれど、保身や良い子意識でなく「本物」に向かって努力したいと思います。

ポリシーと覚悟のお話、私も衝撃的でした。
ポリシーがないからこそ、自分の不出来を受け入れられず言い訳ばかりしてきたのだと気付けて以降、とてもクリアになった感覚が今もあって。
スクールで学べなければ一生気付けず、自分を受け入れられずに終わってもおかしくなかったと思う。
それは怖い嫌だって気持ちと同時に、学べることへの感謝や、色々な人に伝えていきたい気持ちが湧いてきます。

これから「本物のチーム」という大きな目標に向かって、一日一日を大切に過ごしていきたいです。

伊藤先生、ミオちゃん、みんな、先輩方、宜しくお願いします!


かのう
美緒ちゃん
8期スタートの報告記事ありがとう

2日間かけて12人の自己紹介、すごく
時間をかけた自己紹介だったんだね。

去年は倍の人数で、それでもみっちり紹介を
した印象があるのでかなり濃厚だった事
だったんだなと思う。

8期は少数精鋭で力強い。

ケンケンの写真をみて驚きました。
おととい会ったケンケン痩せて
顔つきが凛々しくなっていました。
内面と外面は繋がってるんだ!!と思った。
すごく励みになる。

これから8期の人達と一緒に切磋琢磨して
いけること楽しみです。


いくこ
みおちゃん

ありがとう。みおちゃんの初日の表情。忘れない。

スクール始まり、ホントに違うなって、感じた。
先生から学ぶこと。クリアな感じ。
何度も踏ん張ってきたみおちゃん、けんけん、ちずちゃんの存在。心強い。

自己紹介、私も思いっきり変だったけど、ホッとした自分がいた。スクール始まり、おかしさが見にしみる。

色んなこと、これから。

シェアタイムに参加できるのも
、ありがたい。



いくこ
全部入力する前に送ってしまいました。

初日から、みんなの中で、ドキドキ緊張しながらも、どこか安心していました。

言葉でうまく言えないけど。

先生と、八期のみんなと、七期の先輩たちと、一体となって、関わり成長する中で、何を生み出せるのか。


優実
みおちゃん、記事ありがとう!
8期のみなさんと、これから一緒に学んでいけること、とても楽しみです。

覚悟、私にも必要なことだと感じている。
覚悟を強く持って、自分と向き合い、みんなと向き合っていく。
そして今は、親とも。

あらゆることに正面から向き合って、ポリシーをどんどん成熟させていきたい。
これからも、よろしくお願いします。



たま
みおちゃん、記事ありがとう。

私にとってキネシオロジーという技術、大変素晴らしい、目からウロコの学びだったと思っています。筋肉反射で、様々な物事や心の領域などを自分の潜在意識に聴くこの方法は、教育、医療、スポーツ、セラピーなど多方面で現在も活用、応用されています。

当然、リラで学ぼうかと思案していたときも、この技術を使って、現在の自分にとって必要か否かを確かめてみました。

答えは、ノーでした。

では、なぜ私は、ここにいるのか。

それは、先生のひと言でした。
「誰が、それに答えているか、だ。」

私たちを、多くの分裂人格からなる1つの集合体だと捉えていれば、当然、その時の筋肉反射に答えた分裂人格がいるはずなのです。

先生の問いと答えに私は射抜かれてしまいました。

「私が統合されない分裂人格の集合体である限り、筋反の答えは、いつでもイエスであり、ノーでもある。」と。

スクールが始まる直前まで、潜在意識である私の身体は、ここでの学びを躊躇していました。

それが、おもしろいですね。

今、まるで何かに導かれるように、先生や8期の皆さん、先輩方とこうして出会い、学んでいます。
その縁の不思議さに、しみじみと喜びを感じている日々です。


はるか
美緒ちゃん、記事ありがとう。

リラのページに自分が載ってるなんて、不思議な気持ちがする。
読んでると、みんなの気配を近くに感じて、覚悟がお腹に落ちてくる。

先輩方、コメントありがとうございます。
「入学おめでとう」って言われるの、小学生に戻ったみたいであの時の誇らしい気持ちが蘇ります。

スクールが始まってまだ1ヶ月なのに、すでに何ヶ月も経ったような気がしてる。
「生きてるなー」って感じる。
ちょっとずつ成長もしてる。

これからもみんなで頑張っていきたい!

先生、先輩方、8期のみんな、これからもよろしくお願いします。


みおちゃん

スクール報告記事ありがとう。

8期の皆さんとこれから一緒に学んでいけること、楽しみです。

私は、いまだに保身を繰り返し、先日もやらかしてしまったけど、あらためて「覚悟」をきめて、「保身打破」取り組んでいきたいと思います。






ちず
みおちゃん、報告ありがとう。
自己紹介で、丸2日。1人1人に対して、先生のお話も加わり、本当に濃い2日間でした。

けんけんとは大阪でずっと関わってきたけど、改めて今の成長した姿が当たり前じゃないっていうこと、身に沁みました。
今のけんけん、本当に頼もしいし、2年でここまで変われたということ、本当にすごいことだと思います。

そして、「覚悟」というキーワード。
5期で逃げてしまった自分にとって、今回は絶対に逃げないという気持ちがあります。
この気持ちを決して忘れず、色んな自分を晒し、みんなとぶつかりあいながら、成長していきたいと思います。





コメントを閉じる▲