FC2ブログ
自己表現とコミュニケーションで、自分が変わる、周りが変わる!

こんにちは。カルマ清算コース生の、まりこです。
今回のりらぶろぐでは、私がリラで学ぶ中で、私自身や周りの人に起こった変化を、お話ししたいと思います。

私は助産師で、助産院を開業しています。
助産院というのは、助産師が正常な経過の妊婦さんの、出産のお手伝いをするところです。
助産師の仕事は、妊娠中からずっと妊婦さんに関わっていくのですが、その方と家族が元気な赤ちゃんを迎えるまで、気が抜けません。突然妊婦さんの体調が変わり、急遽病院へ移って出産、となることもあって、赤ちゃんが無事に生まれてくると、本当にホッとします。

そんな中、不安を抱えながら、初めての出産を乗り越えたお母さんの、喜びや自信。前回より自然に、自分らしく生めて良かったと、さらに自信を深めるお母さんの誇らしげな様子。そんな場面を見たり、彼女たちの言葉を聞いたりするのは、私にとって、とてもうれしいことです。

心と体が、つながったのがわかったの‥。
赤ちゃんの気持ちを感じた。
自分の周りのすべてに感謝した‥。宇宙に感謝した‥。
世の中にこんな幸せな事があるんだ‥って、思う。


そう話す産後のママを目の前にして、「すごいな~この人たち‥」 と、今の私は、心から感動します。

ですが‥。
実は少し前まで、怖くてつらくて、私はこの仕事を辞めたくて仕方ありませんでした。
出産は時間が読めないため、24時間365日気が抜けず、体力的にきついことに加え、母子ともに命の危険にさらされることもあるという責任の重さに、耐えきれなかったからです。

「でも、辞めるわけにいかない‥」と、一人孤独に、まるで車輪の錆びた荷車をひいてるような気分でいました。
「この仕事は、こういうものなんだ。だから、仕方ないんだ」と、思っていたのです。

その頃の私は、仕事が怖いだけでなく、経営も困難な状況で、スタッフとの人間関係もうまくいっていませんでした。そのうえ、自分の子どもたちとの問題にも直面し、「もう、何もかも嫌だ! 全部やめてしまいたい!」と、自暴自棄になっていたのです。

そんな時、知人から紹介された『ネガティブを愛する生き方』を読んで、内容にひきこまれ、すぐさま2days集中ワークショップと、伊藤先生のセッションの予約をお願いしたのです。そして、セッションを受け始めた私は、どんどん変わっていきました。
「もう無理だ」とあきらめていた、仕事や家族の問題を、「自分次第で変えられる! 受け身な被害者ではなく、自分から創造できる勝者になれるかもしれない!」と、思えるようになりました。仕事は変わっていないのに、意識が変わったのです。

伊藤先生は「自己表現とコミュニケーションで、99%以上のカルマは清算できる」と、教えて下さいます。
私は、「もう、一人ぼっちで孤独な人生を歩むのは嫌だ! これからは、人とのかかわりから逃げずに生きていきたい!」と思い、先生に教えて頂いたとおり、「まずは、自分の気持ちを相手に伝えよう!」と、決心しました。

すると、現実での変化はすぐに現れました。
「言っても仕方がない」「どうせわかってもらえないから、伝えない」が当たり前だと思ってきた私が、自分を表現するようにしたら、なんだか日々が楽しくなってきたのです。
自分が変わることによって、私の助産院に通う妊婦さんたちは、より積極的になり、「そんな妊婦さんたちを見るのが、楽しい」と、助産院のスタッフも生き生きとしてきました。

そのような流れの中、最近、特に変化を感じた出来事がありました。それは、看護の大学院で助産師の勉強をしている学生が、一ヶ月間、私の助産院に泊まり込みで実習をしていたときのことです。

彼女は実習が終わるとき、「この助産院に実習にきて、自分が変わりました。今までは、相手が何を望んでいるのかばかりを気にしていたけれど、今は、自分の気持ちが話せるようになりました。私はこれまで、自分の気持ちを話さない方が、人付き合いはうまくいくと思っていました。ですが、自分が気持ちを伝えることで、相手の気持ちもわかることが、楽しいと感じるようになりました」と、話してくれました。

彼女が、こう思うようになったのは、こんないきさつがあったからなのです。

実習が始まったばかりのころ、ある講師に対しての疑問を、彼女は私にぶつけてきました。
それは「講師が現代の医学を否定して、民間療法だけが唯一正しいかのように、妊婦さんたちに押し付けているのではないか?」というものでした。
「医療拒否を勧めているようで、とても危険だと感じた」と言うのです。
今までの私だったら、そこで「いろんな人がいるからね」と、きれいごとを言って流していたと思います。

ですが、私は、リラで学んだ「自己表現とコミュニケ―ション」の大切さを伝えたいと思い、彼女に「その疑問、講師本人にあなたから伝えてみる?」と聞いてみました。すると彼女は、「やってみたい!」と答えたのです。

学生が実習場所の講師に意見することなど、あまり無いことかもしれませんが、私は講師にお願いしました。「学生の学びのためと、私自身もコミュニケーションを学んで成長したいから、協力してほしい」と。
講師の方は、快く引き受けてくれました。

そして、彼女と講師は、じっくりと数時間かけて話し合い、お互いの考えや気持ちを伝えあったのです。
もちろん、私もそれに加わりました。

二人は、はじめはお互いに何を言うのかと探りながら、次には相手に対して自分を守るようにしながらおそるおそる話していましたが、次第に自由に自分の意見を言い、相手の話しを聞くようになっていきました。
私は二人のやりとりを見ていて、新しい人間関係が創られていく予感に、わくわくしました。

その話し合いで、「自分の気持ちを話しても良いんだ。思ったことを伝えるって、楽しい」という実感を得たようで、学生は、「ここで実習する間、思ったことは何でも話していいですか?」と、聞いてきました。私は「今、自己表現とコミュニケーションを勉強してるの。私の練習にもなるから、是非そうして!」と、うれしい気持ちで答えました。

話し合いを提案したのは、「コミュニケーションの練習をして、私も一緒に成長したい」と思ったのがきっかけでしたが、その学生が軽やかにステップアップしていったように見え、若い人の頭や心の柔らかさが眩しく、素晴らしいと感じました。

以前の私は、いつも自分より先に行く人に対して、劣等感を感じていました
ですが、今の私は「私も頑張ろう!」と、素直に思えるのです。

なぜなら、伊藤先生に教えて頂いた「自己表現とコミュニケーション」を実践することで、現実が変わるのだと実感し、「私も、自分の気持ちをもっと伝えていきたい!」と、思えるようになったからです。

これから、もっともっと、リラの仲間たちと深くかかわる中で「自己表現とコミュニケ―ション」を学び合い、そして、その学びをどんどん自分の周りの人たちにも広げていきたいと、思っています。


椎野 まりこ 

【2013/06/30 23:46】 | カルマ清算コース生


いでちゃん
まりこさん
りらぶろぐデビューおめでとうございます。

助産院経営は、本当に大変だと思う。
想いがなくては、やってゆけないよね。

経営者って業種業態を問わず、悩みは共通します。

またお話をきかせてください


たま
まりちゃん、りらぶろぐデビュー、お疲れ様でした。

コースが始まり、僅か3ヶ月で自分にも周りにも変化を起こししているまりちゃんの様子に感銘を受けています。
まりちゃんは、多くの人々に影響を与えられる立場にあると思うよ。
待っている人々がいっぱいいると思う。

一緒に頑張ろうね。


まりちゃん

初のりらぶろぐ、とてもいい記事になったね。

まりちゃんの、周りを巻き込むパワー、魅力が伝わってくるよ。

これから、カルマ清算が進むと、さらに、輝きを増すんだろうな‥

俺も負けずに、輝く。一緒に、がんばろう!




よしみ
まりちゃん

まりちゃんが、周りにも影響を与えながら、どんどん変わっていく様子が、すごく伝わってきたよ。
まりちゃんの表現力、影響力、見習いたいって思う。

初めてのりらぶろぐ記事、添削隊として関われたこと、嬉しかったよ。


ゆみえ
まりちゃん

まいちゃんに続いて、りらぶろぐデビューおめでとう!

まりちゃんのすごいところは、こうして、自然とリーダーシップを発揮しているところ。
本当に、すごいな~と思う。
それなのに、いつも遠慮がちな、まりちゃんに、とってもギャップを感じます。

これからも、まりちゃんの魅力で、周囲をどんどん巻き込んでいってほしいな、と思います。


ともこ
まりちゃん 記事ありがとう。

初りらぶろぐだね。
この実習生にとって、まりちゃんのところで過ごした1ヶ月、とても大きなものだったんだろうな‥。
まりちゃんに気持ちを受け止めてもらって、講師の方と話し合って‥。

まりちゃんのこと、自己紹介の時からとっても魅力的な人だなって思っていたのだけれど、これからリラで学んでいくうちに、もっと魅力的になって周りを巻き込んでいくんだろなって感じてる。

私も見習っていきたいです。


たかこ
まりちゃん 

りらぶろぐデビューおめでとう。

まりちゃんの行動する力がすごいと思ったよ。
どんどん実践して行って周りを替えていけるのがすごい。

私も見習いたいです。



優実
まりちゃん、記事をありがとう!

コース始まって当初から、先生に、まりちゃんは人をリードする力強さを褒められていたね。
読んでいて、こっちまでワクワクしてきたよ!
また、色々お話を聞かせてね。



かず
まりちゃん、記事をありがとう。

リラで学んだことを自分のフィールドで実践しているまりちゃん、すごいと思ったよ。

また、助産院でのこと、きかせてね。


ぶん
まりちゃん、記事ありがとう。


すごい!! が第一声。


>仕事は変わっていないのに、意識が変わったのです。

これ、ある。僕も。
目の前の世界が変わるよね。同じなのに。

でも、僕はずっと続かないというのが悩み。
リラでの学びを持ち続けるってことをしたい。


実習生と講師の話し合いの場面も、とても惹きこまれたよ。

僕も、職場とのスタッフと話すこと、進めていくよ。

コメントを閉じる▲