FC2ブログ
大いなる流れの先には

こんにちは。この春からカルマ清算コース・Bグループで学び始めた、ふじしまです。
今回、交流会の様子をお伝えする記事で、僕もついに「りらぶろぐ」デビューです。

猛暑の三連休の最終日。リラでは、「夏の空にハートを描こう」というテーマで、交流会が行われました。今回のメインワークは、コラージュ作り。創作を通して、日常では奥深くに埋もれてしまう「自分の本当の気持ち」を見つけにいきました。

いつもは清涼な空気に満ちたリラの部屋も、今日ばかりは雰囲気が違います。糊や色鉛筆を使うため床一面に新聞紙が敷かれ、色とりどりの画用紙や画材、素材となる雑誌などが積み上げられ、何とも賑やかです。

写真①CIMG4329

作品作りが始まると、部屋の温度もいっそう高まります。今回は小さいお子さんが三人もいたこともあり、おもちゃ箱を引っくり返したような部屋で、思い思いに素材選びに熱中。作業中の画用紙に、ポタリと汗が落ちます。

コラージュ作りに、正解なんてありません。インスピレーションの赴くままに、写真や絵を切り出し、ああでもない、こうでもないと構図を迷います。

写真②候補CIMG9959
あーでもない。

写真③候補CIMG9987
こーでもない。


こちらはリラの先輩で、交流会委員でもある、はるかさんとその作品。

写真④CIMG4401

以前のコラージュ作りでは、チャイルド人格の「ミニモモ」が全開だったそうで、今回はアダルト人格の「怜子」を意識。
でも、そこかしこにチャイルドが出てるような‥。

こちらは、おっちゃん三人組。
向かって左から、コース生のいでちゃん、一般参加のNさん、僕です。
はるかさんの作品とは、明らかにトーンが違いますね。

写真⑤CIMG4585

Nさんは笑みを浮かべて写真に収まってくれましたが、手にしたコラージュ作品の深い意味は、交流会に参加した人のみが教えてもらえました。
こうして本人から解説を聞けると、お互い作品を見せ合うにもぐっと深みが増します。

僕の作品は、流れる川を中央に据え、そこに子供時代から現在に至る「お気に入り」を、流れに沿って並べてみました。動物、自転車、バイク。そして流れゆく先は、川で遊ぶ家族連れの写真です。

CIMG4568-2.jpg

水辺が好きな僕は、自然と川の写真を選びました。
集めた素材の中に、川の写真は三つ。どれも、それぞれに心惹かれる写真です。

一枚は、暮れゆく山間の流れに、一艘の船がぽつんと浮かんでいるもの。もう一枚は、激流を下る競技の写真で、一艘のラフトにライフジャケットを着た選手たちが乗っているものです。
いずれも美しい写真で、コラージュの背景とするには、うってつけでした。が、何か違う。

迷った末に僕が選んだのは、ゆったりと蛇行した流れに、家族や子供たちがカヌーで遊ぶ写真です。以前なら、「船がぽつんと浮かんでいる」一枚目の写真を選んでいた気がしますが、今回は、歓声が聞こえてきそうな楽しげな雰囲気が決め手となり、この写真を選びました。


振り返れば、コースが始まって4か月ほど経ちます。
以前の僕は、ただただ忙しく流されていく日常のなか、行き詰まりを感じ欝々と過ごしていました。何が問題で、どうすることが改善につながるのか、何も分からないまま時間ばかりが無駄に過ぎていました。

そんなとき、タイトルに惹かれて、伊藤先生のご著書を手にとりました。そこで「人格統合」というメソッドを知り、これなら自分の問題をはっきり認識できるのではと思い、個人セッションを申し込みました。
その後、先生のセッションを受けさせて頂くなかで、自分ととことん向き合うには、新設されるコース受講もよいのではないかとご提案頂き、迷う気持ちもありましたが受講を決意しました。

それからの日々は、あっという間でした。

リラでの学びのなか、これほど濃密に人と関わることを、負担に感じた時期も確かにありました。しかし、「まだまだ、これから」という気持ちもありますが、人と共にいることが、少しずつ心地よく感じられるようになっているのが、写真選びにも表れたのだと思っています。

「変化は、たったそれだけ?」と思う方も、いるかもしれません。でも、何十年も続けてきて、自分に染みついてしまった意識が変わるのって、すごいことだと思いませんか。
以前の自分では考えられなかった、小さな変化。今は芽吹いたばかりのこの想いを、大切に育てていきたいです。


大いなる流れの中、それぞれが自分で舵をとり、でも顔をあげればすぐそばに、共に進む仲間がいます。行きつく先は海。先生のお名前の一字ともなっている、海です。
この川の先だけでなく、海の底まで知り尽くした伊藤先生の声が、みんなの歓声のなか、一際大きく響いてくるようです。

リラの雰囲気や、その学びのエッセンスに触れることのできる、もっともカジュアルな機会が交流会です。そして、その流れは海につながるものです。
「リラって、どんな所だろう」「コースって、どんなことをするのか聞かせてほしい」「私の話を聞いてほしい」など、きっかけは何でもいいと思います。

一歩を踏み出す最初の機会として、交流会に来てみませんか?
一年生である僕も、まだちょっとドキドキしながら、お待ちしています。

写真⑥CIMG4570

私たちも、お待ちしてます。


藤嶋 智雄


【2013/07/30 22:27】 | 交流会


ともこ
ふじちゃん

りらぶろぐデビューおめでとう。

みんな真剣で、熱気がこもって、部屋の中はちょっと暑かったけれど、とても充実した時間だったよね。

コースが始まって4ヶ月。
ふじちゃんの変化が、コラージュにもあらわれていたんだね。
ふじちゃんが、人と共にいることが、心地のよいことと感じられてること、それを聞いて嬉しくなったよ。


カヨ
ふじちゃん、

とうとうデビューだね!私もすぐ後に続くよ。
楽しさいっぱいの報告記事をありがとう。あの日は、ホント、暑かったよね。

この記事を読むと、ふじちゃんの気持ちの変化、とっても伝わってくる。
何十年も続けてきた意識を変えること。
それによって、自分の見ていた風景が少しずつ変わってくる。
私も、コース始まって以降、日々感じているよ。

私もふじちゃんと同じく、リラ一年生。
今は、スポンジの様に、お互い吸収しているんだよね。
これからも、一緒に成長し続けていきたいね。


ゆみえ
ふじちゃん

交流会の記事をありがとう!

ふじちゃんも、ついに「りらぶろぐ」デビューだね。
なんだか物語のように、引き込まれて読んでしまったよ。

みんなそれぞれ、悪戦苦闘しながら自分で舵を取り、仲間と声掛け合って、支え合って…
伊藤先生の海を目指している…

そんな写真を選んだふじちゃんの、4ヶ月での変化を、仲間として誇りに思うし、心から嬉しく思うよ。

参加していたみなさんの写真を見て、楽しかったな~、と思い出してました。

交流会でお会いしたみなさん、どうしているだろう。
またお会いしたいな。


けんけん
ふじちゃん

デビューおめでとう。

コースが始まってすぐのふじちゃんは
自己卑下が強くて一人の世界にいるようで
以前の僕を思い出していた。

でも、人と関わるなかで
その問題も徐々に克服して
この短い期間で人と繋がること
楽しむようになったって感じているよ。

写真選びにもそれが現れているんじゃないかな。

人と比べすぎずにマイペースで
どんどん成長していこうよ。



たかこ
ふじちゃん、りらぶろぐデビューおめでとう。

交流会の様子が分かって、楽しかったです。
地方のため、なかなか交流会には参加できませんが、参加したいと思ってしまいました。

少しの変化ってとても大事だと思います。
変るとそこから先が大きく変わっていくのだろうと感じます。

一緒に少しづつ変化していきましょう。


かず
ふじちゃん、記事をありがとう。
その場の雰囲気が、すごく伝わってきたよ。

人と関わること、少しずつ、積み上げてきたんだね。
文章からも、ふじちゃんが一歩一歩進んできたことを感じて、うれしかった。



おおむら
ふじちゃん

ついにりらぶろぐデビューだね

熱気むんむんの中、みんな真剣に取り組んで、とても楽しかったね。

記事読んで、ふじちゃんの変化、想いが感じられて、なんだかうれしくなったよ。

必死に櫂をこいで、気づくとちょっと進んでいる。流されたときは、みんなで声をかけあって。そうやって、すこしずつでも前へ進んでいきたいね。




たま
ふじちゃん、りらぶろぐデビュー、ご苦労様でした。

文学的な香りがする文章で、ふじちゃんの人となりがとても伝わってきたよ。
交流会の楽しげな雰囲気も。

ふじちゃんの作品。
>そして流れゆく先は、川で遊ぶ家族連れの写真です。

ふじちゃんの思いが感じられて、胸がきゅんとした。ふじちゃんの求めるものは、意志さえあれば、きっと得られる、と思う。





まゆ
ふじちゃん、交流会の様子をありがとう!

初のりらぶろぐ記事楽しみにしていたよ。
ふじちゃんの心が伝わってきてほんわかしました。

人と共にいることに、心地よさを感じられるようになってきたふじちゃんの変化、最近のふじちゃんを見ているとひしひしと感じられて、心から嬉しいと思うよ。


交流会の熱気は、これぞ夏の暑さ!って感じだったね。みんなの熱中した姿が思い浮かぶよ!



よしみ
ふじしまさん

交流会の様子、伝わってきました。

ふじしまさんの作品、涼しげで夏らしい。見てて、気持ちがホッとする感じ。

ふじしまさんの変化が、実感できたという話に、心がほんわか和みました。


コメントを閉じる▲