FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥底に押し込めてきた思い

こんにちは。カルマ清算コースで学んでいる伊東歩です。

本日は、3月の交流会の様子をお伝えしつつ、4月交流会の開催について、お知らせします。

3月の交流会のテーマは、「置き去りにされた気持ちを感じる」でした。

伊藤先生は、常日頃から「すべての鍵は、『感情』にある」と仰います。日常に流され、置き去りにしてきた気持ちを改めて感じることは、カルマ清算を進める上で、とても重要です。

ですが、今まで気づかなかった気持ちを、ひとりで感じることはなかなか難しいもの。今回の交流会では、コース生のリードによる対話を通して、一人ひとりの感情を引き出していきました。

まずは、感情を表現しやすくするために、リラックス。

私は普段、鍼灸の仕事をしています。前回の交流会に引き続き、私が、治療に取り入れているエクササイズを、参加者の皆さんに体験してもらいました。

肩甲骨を大きく動かし、背中と胸を開くこのエクササイズは、背骨を重要視する気功「禅密気功」をアレンジしたもので、とても簡単なのですが、全身いたるところが活性化するような動きになっています

みなさん、最初はロボットのようにギクシャクとしか肩を回せなかったのですが、だんだんとスムーズな動きに・・・。参加者全員の緊張がとけ、全体の空気が一気にゆるんだことが感じられました。

CIMG1621-1-1.jpg

来月は、テーマに合わせて、また違う動きを考えていますので、是非、楽しみにしていてください。

そして、エクササイズのあとは、メインテーマである「置き去りにされた気持ちを感じる」ためのワークです。

漠然と、感情を感じるといっても難しいので、まずは、今の自分が何を感じているのかを、紙に描くことからはじめました。色鮮やかなペンやクレヨンを前にして、みんな自然とちびっこ人格が活性化し、表情がどんどん豊かになっていく様子が、とても印象的でした。

CIMG0754-1-1.jpg

CIMG0898-1.jpg  CIMG1708-1.jpg

言葉でも、絵でも、形にこだわらず、それぞれが今この瞬間に感じているものを、自由に表現していました。

そのあとグループに分かれ、浮上している気持ちをシェアしていきました。コース生が、その話を聞きながら、紙に表現されたもの、参加したみなさんの表情、エネルギーを感じて、その奥にある核心の思いを引き出していったのです。

いつも「ちゃんとしなきゃ」という気持ちが強いKさんは、その反動から、無気力に呑まれ、鬱っぽさを感じることが頻繁にあるそうです。その重たい気持ちにフォーカスしたところ、自覚していなかった疲れやだるさが一気に浮上して、その場で寝転ぶことにしました。

家以外の場所、しかも初対面の人もいるなか、寝転んで「つらい、疲れた」という気持ちを表現したこと。そして、その状態をみんなに受け入れてもらい、「ちゃんとしなくてもいい」ということを身をもって知ったことは、Kさんにとって、とても大きな出来事でした。

次に、今回、初参加だったWさんのエピソードをご紹介します。Wさんは、メンタルネグレクトをきっかけとした、感情麻痺を抱えています。Wさんは、ワークを通じて、「甘えたい。ハグして欲しい」と、置き去りにしてきた思いを伝えてくれたのです。

その話を聞いたコース生のようちゃんは、Wさんが望むように、抱っこしました。すると、Wさんの表情がやわらぎ、とてもイキイキとした様子に変わっていったそうです。

CIMG0687-1-1.jpg

「やっと甘えられた」、「ゆだねていいんだ」と、ようちゃんにハグしてもらったときの気持ちを伝えてくれたWさんの様子を見ていて、私は、胸がじんとしました。ようちゃんは、Wさんが頭まで傾けて、委ねてくれている感じに、心がほっこりしたと言っていました。

交流会終了後は、KさんやWさんだけではなく、参加者のみなさんそれぞれが、とても清々しい表情をされていたことも、印象に残っています。
置き去りにした思いを感じなおし、それを誰かに聞いてもらうことは、それだけでも私たちに大きな変化をもたらすのだと、改めて感じました。


最後に、次回の交流会について、お知らせします。

テーマは「本当の欲求を見つける ~ストレスを感じきる~」。今回と同様に、感情表現にフォーカスしたワークをします。

4月に入って、新しい環境で過ごすなか、さまざまなストレスを感じている人も多いと思います。

不安や焦りなどのネガティブな思いを排除するのではなく、自分にとってストレスの根本は何なのか、コース生のリードで探っていき、本当はどうなりたいのか、何がしたいのかを一緒に見つけていきたいと思います。

伊藤先生は、ストレスについて、「美海ぶろぐ」のなかで、こう教えてくださっています

ストレスを感じないように生きている人間に、霊的成長はもたらされない。

ストレスには、負の感情が付きものだ。
負の感情から逃避する人間は、ストレスからも逃避する。

ストレスに目を向けないということは、問題を放置することであり、
自分の内側から発されているSOSを、無視しているということだ。

ストレスは、あなたが望まぬ状況に自らを置いているという事実を、
ただ、教えてくれているに過ぎない。

ストレスを解消するには、己の在り方を改めるか、
もしくは、状況を打破するために、行動を起こすかだ。

何かに熱中することで、一時的にストレスを発散することはできるが、
根本的な問題を解消しない限り、完全にストレスが消滅することはない。

ストレスを根本的に解消するこということは、まさしく、カルマ清算そのものなのだ

                    ※美海ぶろぐ 「宇宙からのシグナル」より

新しい一歩を踏み出そうとしている、みなさんの参加をお待ちしています!!





4月交流会のお知らせ
   今回も交流会後、勉強会も開催します


日程: 4/29(火・祝)

時間: 交流会 13時~16時(受付12:45より)
     勉強会 16時半~19時半
    ※お茶会は、開催いたしません

テーマ:本当の欲求を知る~ストレスを感じきる~

プログラム:リーディングをしながらディスカッション

参加費: 交流会 3,000円 (当日会場にて、お支払い)
       勉強会 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場所: リラ・アカデミー  
      JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

※勉強会は、『ネガティブを愛する生き方』『人格統合vol.1』『人格統合vol.2』を読まれた方は、どなたでもご参加いただけます。
※お申込みは、リラ・アカデミーまで、メールや電話で承っております。

電話:03-5460-8820
e-mail:info@ly-ra-academy.com

【2014/04/02 23:30】 | 交流会


かず
あゆたん、記事をありがとう。

交流会で、私自身も、子供の頃の悲しい気持ちが浮上してくるのを感じていた。
自分たちの中にある気持ちを、じっくり話しあうことができた時間だったと思う。

4月の交流会でもたくさんの方々とお会いできるのを楽しみにしています。


はるか
あゆむ、ありがとう。

参加していたみんなが、肩を回しながらどんどんリラックスしていくのを感じたよ。
そのあともそれぞれの感じることを出し合っている様子が、みんなで家にいるような自然な感覚で、たくさんの話が出来たよ。

今月も、参加するみなさんと自分の内側にあるものを一緒に感じていきたいです。



佐藤俊哉
4月から、コース生となる佐藤俊哉です。

歩さん、記事ありがとうございます。

私は、今回、事情により参加できませんでしたが、KさんやWさん、皆さんの様子から、とてもよい交流会だったんだなあと思いました。
オレも、寝っ転がったり、ハグされたかっあなぁ~(誰がするんじゃあ!)
次回の、交流会は、参加させていただきます。
テーマは「本当の欲求を見つける ~ストレスを感じきる~」ということですが、美海ブログの先生のお言葉から、その大切さを痛感しました。
私達は、ストレスを解消するために、ストレスそのものに立ち向かおうとはせず、違うことをしてストレスを解消したと思っています。
しかし、突き詰めワークをすると、麻薬だってストレス解消、○○だってストレス解消ということを考えるととても怖いです。
また、ストレスを感じた自分の思いは、「取り残された自分の思い」だと感じました。
自分の思いを、違うもので忘れ去ろうとしている、主に快楽で、ということでしょうか。
考えていきたいと思います。
また、最初のエクササイズも楽しみです。
「ワカメダンス」みたいに、名前も考えていてくださいね。

佐藤俊哉



たかこ
歩さん

記事ありがとう。
交流会の良い雰囲気が伝わってきました。

次回の内容もワクワクする感じです。
本当の欲求って何だろう、って思っている人が多いんじゃないかな、って思います。
参加できませんが、参加する人が自分の欲求を感じれたら、と思います。


ふじ
歩さん

記事をありがとうございます。

4月からコースで学ぶ人も多かったせいか、良い意味で馴染んだ空気感が心地よかったですね。

その雰囲気のせいか、置き去りにしてた気持ちも、悲しさ、辛さ、喪失感、が自然に振り返られていた気がします。

4月は一転。激しいものが出そう。どちらも大切ですよね。

自分は引っ越しで参加できないのですが、また記事を楽しみにしています。



たま
あゆたん、記事ありがとう。

あゆたんのエクササイズは、とてもシンプルだけど緊張が緩みます。
ゆっくり、じっくりと話ができたいい交流会だったね。

ストレスから逃げることは、何の問題解決にもならないのだと、日々、感じています。
次の交流会でも、皆さんと感情に向き合っていきたいです。


まゆ
あゆたん、記事ありがとう。

私はKさんの個人セッションを担当させていただいていて、この日は、交流会の前に個人セッションで、Kさんの内面がすごく動いていたっていう経緯があったんだ。

そこでKさんが、浮上してきたものを受け入れて、人の中にいてもそのままの自分でいいんだということを、交流会で感じてもらえたんだなって交流会の最後にKさんとお話して感じたよ。

私も、人前でなかなか自然体でいられないことが随分と課題だったから、Kさんの気持ちが分かる気がしました。

Wさんは、ようちゃんにハグしてもらって、本当に素敵な表情をされていたのが、すごく印象的でした。

次回も参加者のみんなや、自分の内側に、どんな心の動きがみられたり、どんな気づきが得られたりするのか、今から楽しみにしています。


ゆみえ
歩さん

3月の交流会の様子を伝えてくれて、ありがとう。

参加者のみなさんが、清々しい表情をされていたんだね。
私も最近、深い感情の解放があったので、「鍵は感情」なんだな…と改めて実感していたところです。

4月の交流会の告知も、ありがとう。


よしみ
歩たん

リラックスした雰囲気の中、それぞれの感情を表現していった様子が伝わってきたよ。

次回は、本当の欲求を見つけるというテーマなんやね。

改めて先生のブログを読んで、自分の中にある、ストレスを離さずに、成長していきたいって感じよ。



おおむら
歩さん

記事ありがとう。

ハグしながらwさんの心が深いところで緩んでいくのを感じて、私自身もとても暖かな気持ちになったよ。
ハグした後は本当に穏やかでやさしい笑顔をされていたね。

次の交流会でも、参加者の方々と本当の欲求、気持ちを見つけて共に感じていきたいとおもいます。



麻衣
歩さん、記事ありがとう。エクササイズも気持ちよくできた。

この日Wさんと一緒のグループで、ようちゃんにハグされながらどんどん表情が緩んでお肌ツヤツヤになっていったこと、印象深かった。

甘えたいっていう気持ちはちっちゃい子みんな持ってるけど、満たされなくて、平気なふりをして、押し込めたり……
私も自由に甘えてみたい!って気持ちがある。

チャイルドケアは徹底的にやることが大事だという先生の言葉が浮かんできます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。