FC2ブログ
富士召喚番外編 その3 ~鳥さんと幸守り~

こんにちは、市川です。
前回は、先生がご不在のリラで、四日間お留守番をしていた鳥さんたちのお話をご紹介しました。

今回は、鳥さんたちがママからもらった、とってもかわいいお土産のお話です。

富士召喚の初日、先生が電話越しに、鳥さんたちとお話した時のこと。
先生は、「ママな、今日行った神社でな、みんなにお土産買ったから。いい子で待っててや~!」と、言っておられました。

神社で買える、鳥さんたちへのお土産‥。
私は、「一体なんだろう・・?」と思いながらも、まったく見当がつきませんでした。想像力に乏しい私は、「ママのお土産って、なんだろうね~。楽しみやね~」と、鳥さんたちと四日間、お留守番していたのです。

そして、召喚から戻られた先生が、早速、鳥さんたちに渡されたお土産が、こちら。
CIMG1795.jpg
「幸守り」という、お守りでした。

先生が、富士の地で歓待を受けながら、鳥さんたちを想い、選ばれたもの。
「一番、可愛いお守りだったんだよ」と、先生は仰っていましたが、大きな「幸」の字とキュートな色合い、そして、コロンとしたまんまるなフォルムが、本当に愛らしいです。
みんな、早速ケージにつけてもらいました。


ピーちゃんの幸守り。
CIMG1730-1-1.jpg
ピーちゃん 「ママ、これなぁに?」
つぶらな目で、真っ直ぐに幸守りを見上げています。
見上げているだけなのに、なぜこんなにかわいいのでしょうか。
前回、帰ってきたママを、深刻な表情で見つめていたピーちゃんですが、「本物のママだ」と分かってからは、元通りのかわいいピーちゃんなのです。


ポポちゃんの幸守り。
CIMG1676-1-1.jpg
ポポちゃん 「黄色いのがぶらさがってる・・。これ、なんだろう?」
ほっぺのオレンジチークと、とても似合っています。
不思議そうな顔で、幸守りをじっと見つめています。見つめているだけなのに、どうしてもひょうきんなオーラを放ってしまうポポちゃん。
私は、この写真を見る度に、にやにやが止まりません。


うらんちゃんの幸守り。
CIMG1704-1-1.jpg
うらんちゃん 「ママ、これかじっていい?」
鮮やかな黄色は、まさに、うらんちゃんの色。
ママがくれた幸守りに、興味津々です。

そしてやはり、幸守りは、うらんちゃんのオモチャとなってしまいました。幸守りは、ケージに付けられてほどなくして、鈴をかじられてしまい、今では、鈴の音は鳴りません。(チーン‥)。
そして、かじられる度に、下の方へと避難させられて、今ではケージの一番下に付けられています。
そんなうらんちゃんは、ママのかわいいかわいい怪獣なのです。


最後は、空ちゃんの幸守り。
CIMG1771-1-1.jpg
空ちゃん 「てんてえ(先生)、これ、食べられるの?」
四羽の鳥さんのなかで、一番食いしん坊な空ちゃん。
空ちゃんの幸守りだけ、ピンク色です。
おそらく男の子だろうと言われている空ちゃんですが、先生は、「空にはピンクが似合う」と、ピンクを選んでプレゼントしました。くちばしのピンクと、深いエメラルドグリーンの羽根に、本当によく似合っています。
愛らしい、真っ黒なお目々で、じーっと幸守りを見つめる空ちゃん。空ちゃんは、とにかく何でもじーっと見つめる子なのです。


幸守り。
四羽の鳥さんたちが、ずっと幸せでいられるようにと、先生が願いを込めて贈られた、特別なお守り。今日も、鳥さんたちのケージにぶらさがって、鳥さんたちをあたたかく見守っています。

私たちスタッフにとって、召喚中の最大の心配事は、先生が樹海の奥地に行かれるということと、四日間も大好きなママに会えない鳥さんたちの健康状態でした。ですので、鳥さんたちが元気に、笑顔で帰って来たママをお迎え出来たことは、本当に嬉しいことでした。そこで初めて、富士召喚を無事終えられたのだと実感することが出来たのです。
そして、先生が富士の地で目にされたものや、離れている間も変わらず鳥さんたちを想うご様子などを、今回、このような形で見せて頂けたことは、私たちにとって、とても大きな意味を持つことだと、改めて感じています。

富士召喚に関する記事は、今回で最後になりますが、先生が富士召喚に行かれたことによって、私たちのもとにも日々、富士と木花開耶姫からエールが送られているということを、忘れずに過ごしたいと思います。


※ 先生が撮影された写真の数々は、ホームページのフォトギャラリーにて公開しています。フォトギャラリーでは、りらぶろぐに掲載したものよりも、大きなサイズで見ることが出来ます。 フォトギャラリーはこちらです。


市川みどり




6月交流会のお知らせ
交流会後、勉強会も開催します


日程: 6/1(日)

時間: 交流会 13時~16時(受付12:45より)
      勉強会 16時半~19時半
    ※お茶会は、開催いたしません

テーマ:感情に深く潜る~押し込めていた気持ちにフォーカスする~

プログラム:リーディングをしながらディスカッション

怒りや恨みのエネルギーは、向上心へと繋がると、伊藤先生は教えて下さいます。
当日は、全員で、怒りや恨みの感情に向き合っていきましょう。

参加費: 交流会 3,000円 (当日会場にて、お支払い)
       勉強会 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場所: リラ・アカデミー  
      JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

※勉強会は、『ネガティブを愛する生き方』『人格統合vol.1』『人格統合vol.2』を読まれた方は、どなたでもご参加いただけます。
※お申込みは、リラ・アカデミーまで、メールや電話で承っております。

電話:03-5460-8820
e-mail:info@ly-ra-academy.com

【2014/05/28 19:19】 | 富士召喚


ゆみえ
みどりさん

それぞれの鳥さんたちの幸守りとのなんともかわいらしいショットが、目に飛び込んできました。
あまりにかわいくて、何度も繰り返し見てしまいます。

フォトギャラリーは、改めて、その場所で流れていた空気の温度や、匂いや、音を想像しながら、ゆっくり拝見しました。

写真ひとつひとつに添えられた言葉を読んで、先生はこのように感じられるのだなということを、じっくりと感じながら、ユーモアのある表現に、時にくすっと笑いながら、楽しませて頂きました。


かず
市川さん、月並みな表現ですが、やっぱり鳥さんたちかわいすぎです。

特に、ピーちゃんのつぶらな瞳、うらんちゃんの楽しそうな表情には、ハートをわしづかみにされました。ただそこにいるだけで、なんでこんなにかわいいんでしょう・・・

富士山で、先生が「鳥たちに、かわいいお土産を見つけたんだよ」と、とてもうれしそうにお守りを見せてくださったことを、思い出しながら読んでいました。


フォトギャラリーの写真も、見せていただきました。

麻痺の強い人格が浮上していて、額にあるチャクラが半ば固まっていたのですが、太陽の写真の、太陽に直接額が照らされるようなエネルギーで、チャクラが開くのを感じます。

どろどろの状態が続いている私への、木花咲耶姫と天照大御神の怒りと、励ましと、両方感じています。
改めて、カルマ清算をすすめていくんだという意志が、明確になりました。


麻衣
市川さん

先生からもらったコロンとしたお守りをじっと見つめる四羽の鳥さん、かわいらしいです。
フォトギャラリーの写真も、さらに大きなサイズで見ることができ、写真から受けるエネルギーに圧倒されます。
富士と木花開耶姫からのエールということ、言葉にできない気持ちになるのですが、意識し感じながら過ごしています。


たけ
市川さん、鳥さん達の記事と、先生のフォトギャラリーをありがとうございます。

鳥さん達、みんな、幸守りが気になるのでしょうね。
それぞれに、「なんだろう?」という表情で、見つめている姿が本当にかわいいです。


フォトギャラリーは、目が乾いて痛くなるくらい、見入っています。

召喚同行を思い出しながら、写真に添えられている短いコメントと合わせて、拝見しています。

写真から、自分の感情が強く湧き出てきたり、エネルギーをど真ん中で感じ取ったり、自分の中で大きく動くものがあり、本当に、先生の写真の素晴らしさを心から感じています。


美樹
いちかわさんありがとうございます。

可愛いおもまりですね。
リラの鳥さん達にぴったりです。

ぴーちゃんのお守りを見上げるピュアな表情が最高にかわいい。

ぽぽちゃん。どうしても面白い。
絵に描いたようにユニークな写真。

うらんちゃん。。。。
鈴食べちゃったのか。。。
うらんちゃんらしい。

そして空ちゃん。
優しいピンクのお守りを見つめる空ちゃんの表情がすごく優しい。


フォトギャラリー本当に素晴らしいです。
特に伊藤先生のお写真は買うことができたらいいのにって思います。

素晴らしすぎて感動を伝えたいのに表現が追いつかなくて失礼に思えてしまいます。



美樹
度々すみません。フォトギャラリー拡大してみれることに気付いてなかったので
もう一度コメント入れさせてください。

先生のお写真いちかわさんが撮られてるんですね。プロの方の写真だと思い込んでいたので本当に驚きました。

それにしても、先生なんてお美しいんだろう。と見とれてしまいました。
なんなんだ、この美しさは。。。


お守りが、すごくかわいくて癒されます。
くうちゃんの、ピンクが好きです。ちゃんと見てますね。
最近また写真が撮りたくなってきました。


中山寛士
かわいいーーーーーー。

一人、一人、鳥さんもほんっとに個性の塊なんだなーーー。

ちっちゃな怪獣も居るとは(笑)。


先生の愛が伝わってくる。

すごい。
無償の愛とは何なのか。
その暖かさと、その厳しさと・・・・
見せてもらっている。

見逃したくない。
どうしたら、そうなれるのか?

そこまで行きたい。



美樹
度々度々すみません

フォトギャラリーに感動して
写真が趣味の主人に見せました。

主人のベスト1は「ネガティブONピーちゃん2枚セット」でした。

理由は「気を付け。休め」になってて面白くて可愛い。とのことでした。

主人の視点に笑ってしまいました。
主人の話をきいて色んな視点知りたくなりました。


おおむら
みどりさん

記事をありがとうございます。

先生からの贈り物を見つめる鳥さんたち。

ピーちゃんの一心に見上げる姿
ポポちゃんのおちゃめな表情
うらんちゃんの興味深々顔
空ちゃんの純粋な目


みんなそれぞれ個性的でかわいすぎて、ニマニマしてしまいますね。


フォトギャラリー、見させていただきました。
先生の撮られる写真のすごさ。
うまく言葉にできないのだけれど、一枚一枚凛としていて、心がが揺さぶられるような感覚です。

先生の見られた風景、一言一言が胸にすーっとしみわたってきます。





たかこ
いちかわさん

可愛いお土産記事ありがとうございます。
今回のぴーちゃんの写真が本当に可愛くて、何時までも眺めていたいです。

うらんちゃんが、お守りをおもちゃにしてしまったってことで、あのお守りがどんな姿になってるのか気になる所です。

他の鳥さん達は、おもちゃにしなかったのかな?と思うと、うらんちゃんがすごい好奇心旺盛なんだなって感じました。

先生と鳥さん達の絆と、思いあう心が伝わってきました。





ふじ
実際に鳥さんたちに会う機会が増えたせいか、写真を見て以前よりイメージが膨らみます。

普通にしててもびっくりしてるように見えるポポちゃん。強力スキンシップのうらんちゃん。マイペースな空ちゃん。

四者四様というか。そうそう、こういう感じこういう感じってほほえましく思い出しています。
(中枢の人たちが、先生の影響で鳥さんをかわいがるとき名古屋弁?になるのも含めて。)

そして、先生ともっとも深いコミュニケーションが図れるというピーちゃんに、最近あらためて注目してます。かぼちゃパンツの記事辺りから、気になり始めてました。

小さい目がかわいいんだよね。




はるか
みどりさん、ありがとうございます。

同じお守りを前にしても、四羽ともそれぞれに違うんだなーと興味深く感じてました。みんな本当にかわいいなー!
個人的には、空ちゃんの滝つぼ色とお守りのピンクの色合いに魅かれました。

お守りからも、ママのあったかい愛情が鳥さんに注がれているのを感じてじんわりしています。

フォトギャラリーで大きいサイズの写真を見せて頂きました。
写真の中に吸い込まれていくような、思わず息も止まるような、美しさとエネルギーを、改めて真ん中で感じています。もっとハートに焼き付けたいです。


やまと
今朝は鳥さんの夢(うらんちゃん出演)みてました。

ニコニコして、このお守りを選ばれている先生の姿が想像できて、ハートからわ〜っと温かくなります。
それにしても、コロコロとかわいい形のお守り。
黄色もピンクもどっちもかわいい。

空ちゃんにピンクを選ばれるなんて・・・
なんて素敵な配色〜!!!って
テンション上がりました。

空ちゃんに想いを送るアイテムの「想い玉」は、かなりボソついてきて「もはや」から「まさに毛玉」へと進化?していますが、すごく手に馴染んできて、鈴の音がよく鳴るようになってきました。
毎朝、一緒に出勤してます。
(「想い玉」…空ちゃん色のフェルト玉<鈴入り>です。)

それにしても
ピーちゃんの愛らしさ.
ポポちゃんに至っては、ポポちゃんがランドセルしょってる姿が浮かんできて仕方ありません。絶対、似合うと思う。この写真に赤いランドセル。

それまでは、黄色いお守りに見えていたのに
うらんちゃんと並ぶと、金色のお守りに見えます。
うらんちゃんのしっとり密な黄色の前には、お守りの黄色もかなわないって感じがします。

みどりさん
今日もかわいすぎる記事をありがとうございました。








きみ
みどりさん

先生の鳥さんたちへのお土産の「幸」のお守り可愛いです。
それを見つめる鳥さんたちがまたどうしてあんなにキュートなの〜可愛過ぎるよ〜。
私のこの記事の一番はぴーちゃん。
前回の記事の様子といい、お守りをじっと見上げる仕草といい、いろんなこと考えているみたいで、何でもわかっている感じがしちゃいます。

それからフォトギャラリーの写真はさらにエネルギーを感じます。
清らかで力強い。
見ているだけで安心感を感じます。




よしみ
みどりさん

みんなそれぞれの個性がある、幸守りとの写真ですね。

ポポちゃんのほっぺのオレンジ。
コロンとまん丸の、幸守りのオレンジ。
その2つが並んでる写真が、なんとも味があって、かわいいですね。
なんだか、夕日にたたずんでいるみたい。

そして、空ちゃんのくちばしのピンクと、お守りのピンク、本当によく似合ってる。
ピーちゃんとうらんちゃんは、これ何だろうって、お守りに興味津々ですね。

フォトギャラリーの写真、添えられた言葉と一緒に、一枚一枚、見させてもらいました。
大きなサイズで見ると、さらに景色の美しさを感じました。




まつざわ
ネットをしている最中に、とてもショクなことがありました。真っ白になった頭で、半ば無意識のうちにフォトギャラリーを開き、焦点の合わない虚ろな目を、写真の間に彷徨わせていました。その時、心の中に言葉が浮かんできました。
(この痛みと悲しみは、私が真理を愛しているからこそのもの。)
必死の思いでつかみとった宝物が、近しい人達のてによって、紙屑のように棄てられてしまった痛み。
先生は、毎日この何万倍ものいたみに、耐えていらしゃるのですね。
それでも尚、何億年でもつき合う。といってくださるのですね。
スピリットの意志を生きる道の、果てしなさ厳しさは、計り知れませんね。
まだ、その序の口にすら立てていない、私ですが。
見ているだけで、心も身体も、浄化されていくようです。改めて写真の素晴らしさが、沁みました。




コメントを閉じる▲