FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死後のプロセス

こんにちは、依田真由美です。

本日は、オプショナルセミナーの開催について、お知らせします。

オプショナルセミナー第4弾として、7月6日(日)に、「浄霊セミナー」が開催されることになりました。講師は、伊藤先生です。

このセミナーでは、死者たちの魂に、本当の意味で愛を持って接するとは、どういうことなのかを学びます。

伊藤先生は普段から、未成仏霊は怖がったり、追い払ったりする存在ではないこと、そして、未成仏霊を一人の人間として尊重しながらガイドしてこそ、本当の意味で、彼らが次の段階に進む手助けとなるのだということを、教えてくださいます。

そういう意味では、未成仏霊たちは肉体を持たないだけであり、肉体を持つ私たちと、なんら変わりないということです。

未成仏霊たちを、強引に除霊するのではなく、残留思念に縛られている彼らの思いや、悲しみや恐怖の感情に向き合い、寄り添うとはどういう在り方か。彼らと共に学び、共に成長していくとはどういうことか。死者の魂たちと、信頼関係を築きながら、彼らを導くとはどういうことなのかを、たった一日で学ぶことができます。

また、今回はセミナー初の、野外授業があります。

リラにて、伊藤先生の講義を受けた後、東京大空襲によって多くの犠牲者が出た、隅田川周辺地域に足を運び、そこに留まる魂たちと実際に関わり、浄霊を実践します。

これまで「怖い存在」と捉えがちであったはずの未成仏霊が、この一日のセミナーが終わる頃には、自然と受け入れられる存在になっているはずです。

私も、このような本格的な形で、先生から浄霊について学ぶことは始めてで、ものすごく濃密な一日となるであろうと想像しています。

この平和な日本が確立される以前、私たちの想像に及ばないような、過酷な時代を生きた魂たちが残した想いを、参加者のみなさんと一緒に、深く感じていきたいと思います。

依田 真由美



■浄霊セミナー

 日 時: 7/6(日) 10時30分~21時
   *これまでの開始時間よりも、30分早い開始となるためご注意ください。
 
 場 所: リラ・アカデミー
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈メニュー〉
 ・未成仏霊とは
 ・死後のプロセス
 ・残留思念とカルマ
 ・憑依現象とは
 ・カルマ庁の役割
 ・未成仏霊とのコンタクトと浄霊
 ・野外にて浄霊実践 

〈注意事項〉
 ※ 一年以内に「2days集中ワークショップ」に参加したことのある方、もしくは
   一般クライアントとして、一定期間セッションを継続されている方であれば、
   参加可能です。
 ※ 野外授業がありますので、動きやすい、楽な服装でお越しください。
 ※ 雨天決行です。必要に応じて、カッパやタオルなどをご持参ください。
 ※ 合間に一時間程度のお昼休憩を、はさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますので、ご了承下さい。
    終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては、
   100%のキャンセル料が発生いたしますのでご了承下さい。



■先祖浄化セミナー <予告>

7月には、先祖との距離が縮まるお盆を目前に、先祖浄化セミナーも開催されます。
詳細は後日、りらぶろぐで告知いたします。

 日 時: 7/20(日) 11時~21時
 場 所: リラ・アカデミー
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 



お申込みやお問合せは、リラ・アカデミーまで、メールや電話で承っております。
電話:03-5460-8820
e-mail:info@ly-ra-academy.com


【2014/06/05 23:00】 | 1dayセミナー


佐藤俊哉
依田さんへ

浄霊セミナー開催のお知らせありがとうございます。

記事の中の、
「残留思念に縛られている彼らの思いや、悲しみや恐怖の感情に向き合い、寄り添うとはどういう在り方か。彼らと共に学び、共に成長していくとはどういうことか。死者の魂たちと、信頼関係を築きながら、彼らを導くとはどういうことなのか」
というところに、心動きます。
先生がいつもお教えくださっているように、それもまた「人格統合」に繋がることだと改めて思いました。


ふじ
扱うテーマは決して軽いものではないけれど、先生やみんなと外に出るなんて初めて。その点では楽しみです。

スクールではこうしたことも幅広くやっていたらしいけど、コースではないから、新鮮にも思います。

普段こういうことに意識が向いてるとは言いがたいので、浮かれずに臨みます。




こに
よださん

お知らせありがとうございます。

今までのセミナーの中で一番感心があります。

未成仏霊に悩まされた経験が自分にも娘にもあります。
また彼ら未成仏霊の底知れぬ悲しみにふれたこともあり
なんとか力になりたいと素人的に接してとんでもない目に遭ったことも
あります。

自分にいったい何ができるのか。どうやるのか。
是非伊藤先生に教えて頂きたいです。



中山寛士
参加してえ。

俊哉も言っているが、
未成仏霊をどうガイドするのか?
また、どういう在り方で接するのか?

霊感が今のところ、まったくない俺ですが、
俺の中の分裂人格達と共に成長するのにも、
大切なものと出会えそうな予感がします。

伊藤先生の未成仏霊との向きあい方を、その対峙の在り方を、あの厳しくも、なんだかデカイ・・・愛ってやつか!?
その熱を生で感じられる機会.....

自分の今までの範疇の枠を越えた何かと出会えそうな、そんな気がするセミナーだと感じています。

参加してえ。


きみ
自分も何か思いを残すような死を迎えたとしたら、未成仏霊になるのかもしれない。
そう考えたら、他人ごとではない。
自分が感じてないだけで、自分の身内の中にも未成仏霊がいるかもしれない。

未成仏霊の苦しみはどんなものか、
未成仏霊の悲しみはどんなものか、
そして、どうやったら未成仏霊に寄り添えるのか。

目に見えないから、怖さも感じるけど知りたいという気持ちの方が大きい。
自分のカルマを清算することだけではなく、先生からの学びで死者をも含めた周りに影響を与えたいと思う。
しっかり学びたい。




かず
「先祖」の存在を感じると、
当たり前のように使っている身の回りのものが、先人たちが作りだし残してくれたから存在しているのだと、違った重さで見えてくる感覚があります。

ぜひ参加して、直接の先祖も含めた、これまでの時代を生きてきた人たちの思いを感じたいです。


はるか
まゆ、お知らせありがとう。

以前に先生に授業で浄霊について教えて頂いたとき、除霊ではないんだよ、過去の残留思念にとらわれている、私たちの分裂人格と同じなんだよとお話頂きました。

私自身ただ漠然と怖いと感じていたのが、どの魂も同じように生きていた存在なんだと思うようになり、自分の生きている場所がたくさんの過去や思いの上にあることを感じるようになりました。

今回は外に出て実際に魂と関わると聞いて、より深く近く魂たちを感じる機会になることを想像しています。


よしみ
まゆ

以前、未成仏霊と、思いもよらなかった時に遭遇したことがある。
怖がる存在ではないって教えてもらっていたから、全く軸を見失ってブレることにはならなかったけど、
でもやっぱりどこかで、その未成仏霊とどこまで関わっていいのか、関わってどうなってしまうのか怖いっていう気持ちがあったことを、思い出していた。

そして、戦争という、過酷な中を生きた魂たちの思いに触れる。という内容を読んで、正直たじろぐ気持ちもあった。
だけど、今の日本の平和は、そういった死者たちの上に成り立っているってことを、先生は以前おっしゃっていた。

平和ボケした日本人の一人である私が、そういった魂たちの思いに触れること。
それは、すごく重みのあることで、意味のあることなんじゃないかって感じている。
参加したいという気持ちでいます。



おおむら
まゆちゃん

お知らせありがとう。

墨田区は、生まれ育った土地だけれど、
空襲や震災を、どこか遠い話だと思っていて、
亡くなった人たちの想いというものに目をむけられてなかった。

先人たちが居て、今の自分がいるのだということを感じながら、気を引き締めて、参加したいと思います。



かず
時間がたってしまったけれど、自分のコメントを読み返して、
今までの時代を生きてきた人たちの残してくれたものの価値は、先生に教えて頂いたものだというところが抜けてしまっているのに気がついた。

先生に教えて頂かなければ、いつまでも、「ご先祖を大事にしなさい」と言われるから形だけ敬うという、思考の理解から踏み出すことはできなかった。

自分で気付いたかのようにふるまうプライド。
何度も繰り返していて、りらぶろぐのコメントでまでやってしまうこと、本当に自分に嫌になる。
見ていきます。


「先祖」の存在を感じると、
当たり前のように使っている身の回りのものが、先人たちが作りだし残してくれたから存在しているのだと、違った重さで見えてくる感覚があります。

ぜひ参加して、直接の先祖も含めた、これまでの時代を生きてきた人たちの思いを感じたいです。




やまと
肉体を持たないだけで、私たちとは何ら変わらないという未成仏霊に、寄り添うということ。
どういうことなのだろうと、頭ではわかったようで、イメージできなかったりもします。

でも、意識を向けると、その相手と通じ合ったり
反発しあったりしながらも、近づいていくことができるということは、わかる。
そうやって、分裂人格や人に向き合って、寄り添っていこうとする姿勢を築いていけば、未成仏霊に寄り添えることにも繋がるということなのか。

すごく興味深いセミナーですが、残念ながら参加できません。
でも、未成仏霊も自分と変わらないのだということ、自分なりに感覚としてわかるようになっていきたいと思います。




コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。