FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとりの、お兄ちゃん

こんにちは、市川です。

先日、お伝えしましたように、9月1日から4日間、先生は富士召喚へと赴かれました。
今回も先生は、春の富士召喚の時のように、出発前から鳥さんたちに、ママのお出かけのことを説明したり、準備の様子を見せたりしておられました。加えて、二度目ということもあり、鳥さんたちは、数日間のお留守番にも少し慣れたようです。
お留守番中は、ママが帰ってくることをちゃんとわかっている様子で、寂しく感じながらも、元気に、いい子にしていました。
私は、4日間一緒にお留守番していたのですが、鳥さんたちが、ちょっとだけいつもより仲良くしているようにも感じました。

そして、そんな鳥さんたちに、今回もママからお土産がありました。
CIMG9259-1-1.jpg
またまた、可愛らしいお守りです。今回は、「桜まもり」。
先生が、富士山頂にて購入された、特別なものです。
一つひとつ、色合いと柄が異なるので、それぞれに似合うものを先生が選んで、前回のお土産「幸守り」のお隣につけられました。

そして、空ちゃんにだけ特別に、もうひとつお守りのお土産がありました。
CIMG9282.jpg
健康御守です。

以前にもお伝えしましたが、足の不自由な空ちゃんは、どうしても足に負担がかかってしまうため、足にも様々な問題を抱えています。
関節炎による酷い腫れは治まり、病院で特殊なギプスを作ってもらったことで、痛くて動けなくなるようなことはなくなりました。しかしそれでも、以前ほど自由には動き回れなくなり、度々、足を痛そうにする様子も見られました。
先生は、今回、そんな空ちゃんの足が少しでも良くなるように、少しでも痛みが和らぐようにと強く願いながら、富士山を登られたそうです。

そのためか、先生が富士山よりお戻りになられてからは、とても調子の良い日が続いています。リラに来た頃のように、とまではいきませんが、目の輝きも増し、不自由な足で元気に歩き回っています。


さて、前回の鳥さん記事では、空ちゃんとピーちゃんのお話をお伝えしましたが、今回は、空ちゃんとポポちゃんのお話です。

空ちゃんの、ふたりめのお兄ちゃんであるポポちゃんは、とにかくマイペース。
ピーちゃんのように、空ちゃんのそばまで行って、挨拶をしたり、一緒に遊んだりということはあまりしません。しかし、空ちゃんのことを、ちゃんと弟として認識していて、時々、空ちゃんのケージの近くまで行っては、覗いています。

CIMG9815_2014090911380687d.jpg
ポポちゃん 「空ちゃん、どうしてるかな・・?」

ポポちゃんは、大好きなママが、ピーちゃんと仲良くしていると、必ずやきもちを焼きます。しかし、ママが空ちゃんと仲良くしている時は、「ポポちゃんは、お兄ちゃんだもん。空ちゃんはちっちゃいから、ポポちゃんがまんできるもん」とでも言っているかのように、平気なふりをします。
そして、少し離れたところから空ちゃんを見て、拗ねることもなくひとり遊びを始めます。もちろん、ママとふたりきりになった時は、甘えん坊に戻るのですが。
ポポちゃんは、実は、とても優しいお兄ちゃんなのです。

下は、空ちゃんの放鳥中に、ポポちゃんが遊びにきた時の様子です。

CIMG2078_20140909114138db6.jpg
空ちゃん 「あ、ポポちゃんが空ちゃんのごはん、食べてる」
ポポちゃん 「空ちゃんのごはん、おいしいね!」

空ちゃん、ポポちゃんに近付いてみました。
CIMG2084_20140909113225f44.jpg
ポポちゃん 「空ちゃんも一緒に食べる?」
空ちゃん 「・・・ていうかそれ、空ちゃんのだよ」

そこで、何を思ったのか、ポポちゃんに向かって、ゆっくりと口を開けた空ちゃん。
ポポちゃんのロン毛を、かじりたくなったのでしょうか・・。
CIMG2086_2014090911322724a.jpg
空ちゃん 「あ~~ん」
ポポちゃん 「!?」

空ちゃんはこの直後、とっさに反撃したポポちゃんから、100倍返しの目に合わされてしまいました。ポポちゃんの「どつき」は、ピーちゃんのおよそ20倍ほどに相当します。
ポポちゃんから、初めてアタックされた空ちゃん。慌てて逃げ出しましたが、しばらくの間、放心状態に。

CIMG2090_2014090911322819a.jpg
空ちゃん 「てんてぇ‥。ポポちゃんが‥ポポちゃんが‥(涙)」
先生に、なぐさめてもらっていました。

日々、いろんな表情を見せてくれる空ちゃんですが、こんなふうに放心した顔は、先生も私たちも初めて見ました。

お隣の部屋にいる時は、お互いに鳴き合いっこをしたり、放鳥中に、ポポちゃんが挨拶に行ったりと、決して仲が悪いわけではないのですが、体格差とテンポの差を埋めることは、なかなか難しいようです。


個性的なリラの鳥さんたちは、それぞれの関係性も様々です。
しかし、みんな、先生の愛情をたくさん受け取って、どんどん成長しているので、それぞれの関係性も日々、変化しています。
そして、その鳥さんたちの変化は、それぞれの、空ちゃんとの関係の中で、特に表れているように感じます。

ピーちゃんは、以前のように、空ちゃんのことをこづいたり、しっぽを引っ張ったりすることもなくなりました。空ちゃんの近くに寄って行っては、可愛い挨拶を交わす姿が、たびたび見られます。ピーちゃんが挨拶に行って、ちょっとした拍子に、空ちゃんが転んでしまったりすると、ピーちゃんは、「どうしよう!?」と、オロオロと心配そうにします。

ポポちゃんも、以前よりも、空ちゃんを労わり、気遣う様子がはっきりと見られるようになってきました。ポポちゃんは、空ちゃんのいるお部屋の前を通るたび、空ちゃんの様子を窺おうと、必死にお部屋を覗きこもうとします。
そんな鳥さんたちの姿を目の当たりにするたびに、なんて優しいんだろうと、私自身も、あたたかい気持ちになるのです。

今後も、そんなリラの鳥さんの成長ぶりを、お伝えしていきたいと思います。


~おまけ~

下は、さっそく「桜まもり」をかじってみたポポちゃん。
CIMG7939.jpg
大変ひょうきんなポポちゃんは、先生からは、愛情をたっぷり込めて、「変な鳥」と称されています。そのため、お守りも、「ちょっと変な柄」が選ばれました。
気が付けば、優しいお兄ちゃんに成長していたポポちゃんですが、愛嬌たっぷりなひょうきんさは健在なのです。


市川 みどり


【2014/09/10 22:11】 | リラの鳥さんたち


平田
あ~~~、可愛いです……

市川さん、ありがとうございます

何かもう「可愛い」としか出てきません

ポポちゃん、優しいな…
ポポちゃんが空ちゃんの部屋を覗いて様子を見ようとしている様子を想像するだけで、
じんわりと心が暖かくなってきます

ポポちゃんのアタックは、空ちゃんには強烈なんですね
でも、そんなやり取りをしながら、時には痛い思いをしたりさせたりしながらも、お互いに関係を創っていくんだと、
鳥さんたちからも学ばせてもらっています


俊哉
みどりさんへ

記事ありがとうございます。

また、みどりさん、改めて4日間お疲れ様でした。

いつも、鳥さんたちの様子を教えていただいて思うことは、鳥さん達みんなのそのままの姿の愛らしさです。

どうして、そう自然のままで愛らしくいられるのか。

自然なまでの感情。
羨ましいです。

そしてポポちゃんって、やっぱり面白い。
もうひとりのお兄ちゃんかあ。
空ちゃんも、先生が仰るように、きっと「変わった人(鳥)だなあ」って思っているんじゃあないかなあ。





荒川美由紀
こんにちは。
一般クライアントの荒川です。

昨日、空ちゃんどうしてるかな~…と思っていたところの記事で、空ちゃんやポポちゃんの愛らしい姿が見れて、幸せな気持ちになりました。

先生は空ちゃんの体のことを思って、富士を登っておられたのですね。

空ちゃんのお守りにもそのお気持ちが伝わります。

自分のカルマは自分で受けて立つことを、また自分に戒めていきたいです。

それにしても、鳥さん達のやり取りには、毎回関心させられてしまい、弱い立場の空ちゃんを気遣う様子には、すごいな~、偉いな~と思います。

ポポちゃんのあのほっぺと、首を長くして空ちゃんのお部屋を覗く姿が何ともかわいいですね。

また、リラの鳥さん達の記事を楽しみにしています。

ありがとうございました。


やまと
みどりさん

今回も、鳥さんの様子が生き生きと伝わってくる記事
ありがとうございます。


今回の留守番は、先生が留守をしても
帰ってくることがわかっているから、少し慣れた様子だったとのこと。
ホッとする感じがすると同時に
前回は、どんなに不安だったのだろうと、改めて気になりました。

そして、「桜まもり」。
写真で見ても、すごく可愛らしいお守りに見えます。
それぞれの鳥さんに、先生はどんなデザインを選ばれたのでしょうか。

空ちゃんだけに、特別に贈られたお守り。

空ちゃんへの、先生のお気持ちがどれほど込められているのか…
その深さを、まるで理解するに至らない私ですが、
先生が空ちゃんを、どんなに愛されているかが
このお守りの存在を通して、ものすごく伝わってきます。
空ちゃんを想いながら、富士を登られる先生のお気持ちを想像すると
「愛」そのものだと感じます。
同時に、これまで、如何に口先だけで愛という言葉を、口にしてきてしまったのか
自分の浅はかさを、感じずにはいられません。

ポポちゃんとのやり取りから
鳥さん同士が、お互いに関係を築いていく様子が伝わってきて
どんだけ賢いの?きみたちはっ?!
どんだけかわいいんだっ!きみたちはっ!!

これまでの「鳥」に対する認識が、「りらの鳥さん」を知れば知るほど
どんどん変わっていくのを感じます。

放心した空ちゃんの写真。
沖縄では、こういう風にビックリ放心したりすると
「マブヤー(魂)」を落とした。と言って
そのびっくりした場所に行って、
マブヤー(とか、マブイとも呼ぶ)を呼び戻して来い。拾って来い。
って言われたりします。

てんてーの撫でなでで、すぐにマブイは戻ったと思われますが
あの写真の空ちゃんのマブヤーは、50cmくらい先に転がってるんじゃないかって
思わずにいられない感じがします。

空ちゃんのあの目・・・
笑ってはいけない
笑ってはいけないと思うけど、
放心する空ちゃんは、その繊細な表情もたまらなくて
やっぱり可愛い。と、つい 微笑んでしまいます。

そして、ポポちゃん。
デザイン庁の、イカしたセンスのそのほっぺをもってして
その愛嬌たっぷりな様子が伝わってくる度に
ポポちゃんファンになってしまうけど
ポポちゃんの、お兄さんな様子を知って
さらに、ファン度急上昇ですっ。




はるか
みどりさん、ありがとうございます。

鳥さんたち、先生の富士召喚をいい子で待ってたんですね。
四羽で仲良くママを待ってる様子を思い浮かべて、きゅんとします。
ママが帰って来て、嬉しかったね。

先生が買ってこられたお守りに、鳥さんたちの写真に、先生と鳥さんたちの間に流れる愛情を強く感じています。


ポポちゃん、覗いてる!
弟のことが気になるんですね。お兄ちゃんだな。
あーんってしてる空ちゃん、その後の放心してる空ちゃん、本人は何だか分かんないんだろうけど、かわいくて笑っちゃいます。
アタックされちゃったんだね。
最後のポポちゃんの写真も、見てるだけで楽しくなります。
ちょっと変な柄って、どんななんだろう?


毎回思うのですが、四羽それぞれ本当に個性豊かでそれぞれに可愛い。
お互いの関係にも個性が出るんですね。

またこれからも鳥さんたちのお話を楽しみにしています。


こに
市川さん

今回もかわいい鳥さん記事をありがとうございます。

先生の空ちゃんへの思い。健やかで幸せを願う思い、ずんと胸に響いてきました。富士召喚をきっかけに空ちゃんの体がだいぶ楽になれたこと、とても嬉しいです。

娘がリラの鳥さん達の大ファンなので、鳥さん記事はいつも一緒に見ています。

まずは写真を見て「ポポちゃんは何でこんなに威張っているの?」と笑っていました。記事を読んで「お兄ちゃんだからこんなに偉そうにしてたのかぁ。かわいい~」と大喜びでした。空ちゃんのことは「巧妙な手作り品みたい」と言っていました。

娘の中には甘えんぼ人格の「まーお」と言う子がいて、ちょうどピーちゃんのような青いセキセイインコの姿をしているらしいです。初めてリラに娘と一緒に伊藤先生のセッションを受けた日に誕生した人格なので、きっとピーちゃんの姿なのだろうと思っています。

とってもちっちゃくて愛らしい姿。それを可愛く感じるとともに自分がそんな存在になりたかったのだろうと、何だか可笑しくて笑ってしまいます。

まーおにとってのリラの鳥さん達はお友達を見るような感覚なのだと思います。
そしてどんな仕草をするのか、何が好きで、何が嬉しいのか、何にご機嫌斜めになるのか?色々研究しているようです。

これからも母娘で鳥さんの記事を楽しみにしています。



ふじ
みどりさん

最新の鳥さんたちの様子を伝えてくださってありがとうございます。

先生が富士から戻られて、空ちゃんが元気に過ごしていると知り、その点はほっとしました。

そして、自分はまだポポちゃんに直に会ったことがありませんが、ツーショット写真は体格差がよく分かって想像が膨らみます。

ピーちゃんの20倍のアタック。
ハンデのある空ちゃんには、トラウマになってしまわないか心配ですが、こうやってすぐにナデナデして貰えるから大丈夫ですね。

逆に、ポポちゃんが羨ましがってるんじゃないかって気もします。

それにしても、ポポちゃんは普通にしてるだけで、そこはかとなく面白いのは一体なぜでしょう。

以前の、ドアノブに止まって、固まっている写真を思い出してしまいました。




あけ
みどりさん

記事をありがとうございました。

ぽぽちゃんと空ちゃんのあまりの可愛さに、何度も記事を見にきています。

ぽぽちゃんがご飯を食べている姿を見る空ちゃん。
「空ちゃんの・・・」という表情に、思わず笑みがこぼれました。



よしみ
みどりさん

お守り一つひとつに、先生の思いが、詰まっていることを感じました。

そして、お留守番中は、皆いつもより少し仲良く、先生の帰りを待っていたんですね。

ポポちゃんも、すっかり、お兄ちゃんなんやなって感じました。

ポポちゃんと空ちゃんとの様子を読ませてもらって、微笑ましく感じました。



かず
市川さん、記事をありがとうございます。
いつもながら、愛らしい鳥さんたちの表情に、目が釘づけになりました。
特に、ポポちゃんが空ちゃんのご飯を食べているのを見ている、空ちゃんの表情、たまらないです。

ポポちゃんのまっすぐな優しさ、お兄ちゃんとして空ちゃんを気づかう様子に、胸がじんわりと温かくなります。
姉カルマで、歪んだ兄弟関係しか築いてこれなかった自分も、ここからでもポポちゃんを見習っていきたいと思いました。


美雪
みどりさん

先生がいつも鳥さん達に愛情を注がれていること、その愛情をまっすぐ全身で受け取っている鳥さん達を、記事から感じています。空ちゃん、調子が良い日が続いているんですね。少しほっとしました。

いつも思うんですが…鳥さん達の関係を見てると、本当に人間と一緒なんだなと。学ぶべきところがたくさん詰まっていますね。
記事ありがとうございました。


たかこ
市川さん

鳥さん達の記事、ありがとうございました。

ポポちゃんの弟を見るまなざしがとても柔らかで、本当にお兄ちゃんなんだなって感じます。

また鳥さん達の関係も、種類が違う為、なかなか最初は色々な事があるんですね。
それぞれ固有の挨拶方法やコミュニケーションがあったりして、最初は大変そうです。

でもそれを越えてお互いを思いやって作り上げていく関係を知ると、本当に見習いたいと思います。

また鳥さん達の記事を待っています。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。