FC2ブログ
「人格統合勉強会」を紹介します!

こんにちは。カルマ清算コース生の明城です。

今日は、リラで定期的に開催されている、「人格統合勉強会」がどのようなものなのかを、お伝えしたいと思います。
すでに勉強会に参加したことのある一般の方もいらっしゃると思いますが、「参加してみようかな」「どんなことをするのだろう?」と興味を持っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

人格統合勉強会では、分裂人格が抱える、それぞれのカルマパターンにどう取り組んでいくか、コース生のリードのもと、みんなで話しあい、一緒に考えていきます。
また、参加者が抱えている問題に応じて、ぼやけている分裂人格をくっきりさせたり、分裂人格の本音を引き出したり、セッションの課題で行き詰っているところを話したりもします。

一人で考えているだけでは、人格に呑まれたり、八方ふさがりになったりして、なかなか進まない課題も、カルマ清算に取り組む仲間と共有することで、道が開けてくるのです。時に共感してもらい、時に厳しい指摘を受けたり、叱ってもらったりすることで、思いがけなく進んでいきます。

先日の勉強会では、私はベーシックコース生のはるかと、お互いに浮上している対人恐怖について話していきました。

はるかは普段、社交的な営業人格の「モモ」が、主に前に出ています。
しかし、この時の勉強会では、今まで「モモ」の影に隠れ、人から嫌われるのではないかと常にびくびくしていたチャイルド人格「あやめ」が浮上しており、「人と話すのが怖い。籠りたい」という気持ちが強く出ていました。
はるかと私は、2人でお互いの心の内を、じっくり話していきました。

「モモ」には元々、「人に好かれるためには、ネガティブな感情は隠さなければならない」という強い思い込みがあったのですが、これまで取り組んできたことで、それがゆるんできていました。それによって、これまで表に出てくることがほとんどなかった「あやめ」が、気持ちを表現できるようになってきたのです。
そして、「あやめ」の気持ちを聴いたことで、私の中からも、「籠っていたい」「本当は安心していたい」など、普段出てこないような分裂人格の弱音が出てきました。

お互いの本音をさらし、それに共感しあうことで、「あやめ」の緊張がやわらぎ、私自身も、心の奥で縮こまっていた部分がゆるんでいきました。

人格統合勉強会では、このような形で、互いの人格を対話させながら進めていきます。自分の気持ちを打ち明けることで、相手との距離が縮まるのを感じるたびに、ぽっと温かい気持ちになります。

私が一般クライアントとして、勉強会に参加しはじめたころは、自分の話をコース生たちが真剣に聴いてくれることに、まず驚きました。他の場所では、「そんなこと、気にしなければいい」「そんなことを話して何になるの?」などと、相手にもされなかった疑問にも、みんなが耳を傾け、どうしたら問題を越えて行けるのか、一緒に模索してもらえることが、とてもうれしく、新鮮に感じたことを覚えています。

その後も、自分では行き詰っている課題を相談したり、無自覚なカルマを指摘してもらったり、対面の勉強会だからこそ学べることがたくさんありました。ただ聴いてもらうだけではなく、相手の話を聴き、本当に伝えたいことを言葉にする、人と真摯に関わる、というコミュニケーションの基本についても、勉強会を通じて学んできました。

私がはじめて勉強会に参加したのは、今から3年前になりますが、コース生として2年目になる今までを振り返ると、それぞれの段階で、人と関わり、学びを得てきたと感じます。

人格統合勉強会への参加のスタンスは、人によりさまざまで、勉強会を中心に取り組みを進めている一般クライアントの方もいますし、個人セッションに加えて、定期的に勉強会に参加している方もいます。
初めてリラを訪れる方や、人格統合がどういうものか、どのように取り組んでいくのか、まずは触れてみたいという方も、歓迎いたします。

人格統合勉強会は、『ネガティブを愛する生き方』『人格統合Vol.1』および『人格統合Vol.2』を読まれている方であれば、どなたでも参加できますので、参加を考えていらっしゃる方は、お気軽にリラ・アカデミーまでお問い合わせください。

明城 和子




10月・11月 人格統合勉強会のご案内

日程: 10月19日(日)/10月24日(金) 
      11月7日(金)/11月16日(日)/11月21日(金)/11月30日(日)

時刻:平日  昼の部 13時~16時半  夜の部 19時~22時
    土日祝 14時~17時半
    ※ 交流会と同日開催の勉強会(10月19日、11月30日)は
      16時半~19時半です。

参加費: 勉強会 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場所: リラ・アカデミー  
      JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

※『ネガティブを愛する生き方』『人格統合vol.1』『人格統合vol.2』を読まれた方は、どなたでもご参加いただけます。

※お申込みは、リラ・アカデミーまで、メールや電話で承っております。

電話:03-5460-8820
e-mail:info@ly-ra-academy.com

【2014/10/18 12:19】 | 人格統合勉強会


はるか
かず、記事をありがとう。

この前の勉強会でも、たくさんお互いの内側の話をしたね。
かずも書いてくれてる通り、あやめが気持ちを聞いてもらって、深い所から緩んだよ。

自分であれこれ考えてるだけでは進まないことを、話し合って解決したり、人格に直接話し掛けてもらって内面が大きく動いたり、対面でじっくり本音を話せる機会って大切だなと思います。

たくさん話した後はぐっと距離が近付いて、短いけど濃密な時間だよね。

私もそうだったように、初めて参加する時や久し振りだと緊張する人も多いかと思いますが、そういう気持ちも一緒に、安心して本音を伝えられる場所です。

今日も交流会と勉強会が開催されますが、参加する人たちとたくさん話して、学びを深めていきたいです。


おおむら
かずちゃん 
記事ありがとう。

一般クライアントになる前、取組ってどんなことするのだろうって、初めて勉強会にドキドキしながら参加したことを、思い浮かべながら読ませてもらいました。


勉強会は、人格に呼びかけてもらって、一人ではつかめなかった深い感情が出てきたり、話を聞くなかで、自分の取組みについてもヒントが見つかったりと、毎回いろんなことに気づかされる。

はるかちゃんもかずちゃんも、深い部分が動いたんだね。
人格同士で話をすると、その人格同士の絆が深まって、話すごとに、深まっていったりもするね。
互いに深めて学びあっていく大事な場なのだと実感しています。


これから勉強会に参加される方とも、本音で語りあい、向き合って、共に学んでいきたいと思います。



よしみ
かず

はるかと、お互いの人格の本音を伝え合って、心がほぐれたというエピソードを読んで、気持ちが、ゆるむ感覚になるよ。

私も、リラに通うようになる前に、勉強会に参加して、
そこで話をたくさん聞いてもらう中で、
閉ざしていた部分が、少しずつゆるんでいったことを、記事を読んで思い出していた。

そして今も、勉強会で皆と話すことで、
自分一人では気付けなかったことに気づけたり、
行き詰まったところが動いて、クリアになっていったりすることを実感している。

そういった、貴重な機会だということを感じながら、これからも参加していきたい。





あけ
かずさん、記事をありがとう。

勉強会には、今年の2月に初めて参加させて頂きました。

対人恐怖を抱えていた私は、どこにいっても居場所が感じられず、常に浮いている感覚があり、ほとんどの人が初対面の勉強会に参加するのは、とても緊張しました。

まだ人格特定がされていない中での参加でしたが、コース生に悩みを沢山聞いてもらい、率直な意見を聞かせてもらい、客観的に自分を見る機会になったと思います。

また、勉強会に参加していた一人は、感情が湧きでていて、そういうことがあってもここは大丈夫なのだという安心感を持ちました。

本音を語り合える場など、めったにあるものではなく、貴重な場であると感じます。



美雪
かずちゃん

記事ありがとう。
大勢のひとの中に入るのが苦手な私は、勉強会も苦手で、緊張のあまり上手く話せないし、最初の頃は、話も入っていかないような状態でした。まだその気がありますが…。

でも、誰にも話せなかった胸の内を、目の前の人に受け止めて貰える、感じたことを伝えあっていける、そんな場は他にはありません。

私のような対人緊張の強い方も、最初は戸惑うかもしれませんが、是非最初の一歩、参加してもらえたらと感じています。



ゆみえ
かず

かずとはるかだけでなく、コース生のコメントにもあるように、実は奥に対人恐怖を抱えているという人けっこういるよね。

私も、これまであまり自覚できていなかったけど、その一人。
営業系とか優等生の人格が普段前に出ていたりすると、見えにくいんだよね。

「対人恐怖の人格がいて、実は勉強会に来るのに、足取りが重かったんです」という、一般参加者の方もよくいて。
そういう本音を打ち明けてもらえることが嬉しかったり、自分もそういう人格いるなと共感して、気持ちが緩んだり。

誰かの話しを聞いているだけで、普段スポットの当たりにくい人格が動くこともある。

先生が、「カルマ清算は一人ではできない」と仰っていることを、実感します。


けいこ
かずさん

一般として参加していた勉強会で、人格を特定してもらう度に、得体の知れない行きづらさがなくなって、バーッと視界が開けるような清々しさを感じていたことを思い返しているよ。

人格同士で会話することで、体感したことのないような、グッと奥行きのあるコミュニケーションができることは、今でも毎回、感動する。

そういうこと、多くの人に知って欲しいな、と思うし、興味がある人は、本当に気軽に参加してもらいたいなと思ってる。


睦子
かずちゃん

随分前になってしまうけど、一般として参加していた頃のことを思い出したよ。

聞いてもらったことのないようなことを、聞いてもらえて、帰り道は、いつも生まれ変わったような気持ちになっていた。

どちらかといえば、人見知りの私だけど、参加するたびに、話を聞いてもらうたびに、顔見知りが増えて、それも、とても嬉しかった。

初心を思い起こしながら参加していきたい。なんだか、心新たになりました。

かずちゃん、記事ありがとう。



優実
かずちゃん、記事をありがとう。

私も、はじめて名古屋勉強会に参加した時のことを思い出していました。

緊張したな。
時間に遅れちゃいそう!って、急いで走ってきた私に、スクール生の人が「好きな時に来ていいんだよ」と行ってくれ、すごくびっくりしたな。

初めて会う人に、泣きながら怒ったのも、あの時が初めてだった。

今は勉強会でリードする立場ですが、あの時の気持ちは、まだ生々しく残ってます。
今も、勉強会は、大切な場所です。


麻衣
かずさん、記事ありがとう。

私も勉強会に参加して、色々な人と関わり、人格の話をしたりしているうちに、「自分もそういうところあるな」と気付かされたり、自分では掴みにくかった感情に気付いたりと、多くを学び得てきました。

カルマ清算をするうえで、人が生きる上でも大切な、感情にフォーカスした、生での人とのコミュニケーションの場でもあり、コース生としてリードを学ばせていただく場でもあり、その貴重さを記事を読み改めて感じています。


たかこ
かずちゃん

記事ありがとう。
一般の時、勉強会でみんなと話すのが楽しみだった事を思い出しながら、読ませていただきました。

もともとプライドカルマが強い私は、勉強会ではよく怒られ、何がどうおかしいのかを教えてもらえたのは、本当に助かりました。

また今まで、受け入れられないと思って隠していた気持ちに寄り添ってもらったり理解してもらったりすることで、自分を一つづつ認めることが出来たのも大きな事でした。

本当に大切な時間だったのを思い出し、改めて臨みたいと思います。


やか
かずさん

勉強会に通い始めて短い期間だけど、その時その時の状態を聞いてもらえて、そしてその都度何かに気付いて帰っています。

今のわたしにとって、勉強会はセッションとセッションの間の期間、取り組みを加速さる助けとなっています。

この記事とコメントを読んで、みんなそれぞれにどんな思いで勉強会に来ていたのかも知ることができて、これからも参加していこう、という気持ちになりました。

コメントを閉じる▲